【福岡の居酒屋スタッフブログ】あまり知られていない九州のブランド豚

九州旅行における一大イベントと言えば、なんといっても各エリアの美味しいグルメを堪能することです。
中でも、ご当地グルメとして九州のブランド肉を味わうことができれば、この上なく贅沢な時間となるでしょう。
今回は、あまり知られていない九州のブランド豚をいくつか紹介したいと思います。

紅葉豚

紅葉豚(もみじぶた)は、長崎のブランド豚です。
紅葉で有名な雲仙山麓で育てられていることが名前の由来で、島原地区の4名の養豚農家に限り、飼育が許されています。
雲仙山麓の豊かな自然が残る開拓地で健康的に育てられていて、水は島原の天然水、エサは天然アミノ酸飼料と、徹底的な農家のこだわりが、濃厚な味と柔らかさ、きめ細かい歯触りを生み出しています。
また、販売店とも連携することで、高い品質と安全性を保持しています。
トンカツやステーキ、しゃぶしゃぶなど、どのような料理にしてもその味は抜群です。

金桜豚

金桜豚(きんざくらとん)は、佐賀のブランド豚です。
佐賀ブランド“肥前さくらポーク”の中からさらに厳選されたブランド豚で、エサに乳酸菌を加えるなど、こだわりの育成方法にすることで、臭みが少なく、旨味が凝縮された肉質を実現しています。
もちろん、肥前さくらポークの特徴である鮮やかな桜色、ソフトできめ細やかな食感もしっかり残っています。
熱を加えても硬くならず、滑らかな舌触りが心地良いため、佐賀・唐津市内に訪れた暁には、食べない手はありません。

香心

香心(こうしん)は、熊本のブランド豚です。
阿蘇の天然ミネラルを飼料にして育てられる“SPF豚”で、3種の豚を掛け合わせて誕生しました。
SPF豚とは、豚の成長に有害な5つの疾病を、あらかじめ持っていない豚に与えられる称号をいい、出生時から無菌にこだわり、徹底した管理のもとで飼育されるため、安全・安心・美味しさを追及した“究極の豚”とも呼ばれています。
香心の味の特徴としては、柔らかく臭みがないこと、旨みが非常に強いことであり、熊本のブランド豚として、非常に高い評価を受けています。
熊本に訪れた際には、ぜひしゃぶしゃぶや焼肉にして楽しむことをおすすめします。

まとめ

ここまで、全国的にはあまり知られていない九州のブランド豚を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
九州が誇る旨みの強いブランド豚は、確実に現地で味わうべきグルメの1つと言えるでしょう。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました