【福岡の居酒屋スタッフブログ】お土産に買って帰りたい九州のお惣菜

九州のお惣菜には、お酒やご飯のお供にピッタリのものがたくさんあります。
また、それらのお惣菜はお土産用としても多く販売されているため、必ず自身にピッタリのものが見つかるでしょう。
今回は、そんな魅力的な九州のお惣菜の中でも、特にお土産におすすめの商品をいくつか紹介します。

砂肝の直火焼き

砂肝の直火焼きは、佐賀で食品卸売業・飲食業を営む“ヨコオフーズ”が販売するお惣菜です。
コリコリした食感の鶏砂肝を秘伝のピリ辛ダレに漬け込み、1粒1粒じっくり丁寧に焼き上げているため、この味はなかなか家庭では出せません。
また、コリコリ食感のポイントは焼き上げの温度で、鶏にこだわった職人たちが高すぎず、低すぎずの温度で仕上げています。
爽快な辛さを味わえる砂肝は、日本酒や冷たいビールとの相性が抜群のため、お酒好きの方はぜひご賞味ください。

黒豚ロールステーキ

黒豚ロールステーキは、長崎で食肉の加工品を製造・販売する“豊味館”の名物惣菜です。
2004年の販売開始以来、多くの方に愛され、現在の累計販売数は300万個を超えています。
大人から子どもまで安心して食べられるように、結着剤などの添加物を一切使用しておらず、1mm以下にスライスされた豚肉を60層以上重ねて作られているため、お箸で簡単にほぐせるほど柔らかいのが特徴です。
また、1つ1つ違った形をしているのは、職人によって手作りで巻き上げられる証拠です。
1度食べると、これまでのステーキの概念が覆るでしょう。

ポトフセット

大分にある手作りハム&ソーセージのお店“由布院燻製工房 燻家(いぶすけ)”では、袋詰めされたポトフセットが販売されています。
自家製のベーコン、ソーセージ3種類に、燻家オリジナルスープの入ったお得なセットで、お好みの野菜を入れるだけで、手軽に自宅でポトフを楽しむことができます。
また、スープは塩と醤油のどちらかを選ぶことができ、どちらもスッキリした深みのある味わいを持っています。
ちなみに、燻家では当然食事をすることも可能で、湯布院のシンボルである由布岳を真正面に眺めながら、こだわりのハムやソーセージ、パンやパスタを味わうのもおすすめですね。

まとめ

ここまで、九州が誇るお土産に最適なお惣菜をいくつか紹介してきましたが、いかがでしたか?
当店貴月でも、たくさんのお惣菜と、それにピッタリのアルコールメニューを多数ご用意させていただいております。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました