【福岡の居酒屋スタッフブログ】お酒が進む福岡の絶品土産

福岡旅行が終わった後、自宅に帰り、福岡のお土産を肴にお酒を飲むということを楽しみにしている方もいると思います。
また、そんな方々は、できるだけ九州らしさと美味しさを兼ね備えたお土産がほしいですよね。
ここからは、お酒が進む福岡の絶品土産を3つ紹介したいと思います。

黄金鶏皮揚げ

黄金鶏皮揚げは、九州の玄関口である博多駅の土産店“博多桃太郎”で購入できるお土産です。
まるで揚げたてのようなサクサク感とジューシーな旨みが特徴で、程良い塩味がクセになる一品です。
噛むほどに鶏皮の旨みが口の中に広がり、そこにビールを流し込めば、至福のひと時が訪れます。
ちなみに、こちらの商品は、“九州福岡おみやげグランプリ2018”において、応募総数2,770品の中から、新商品部門のグランプリを受賞しています。
ビール好きの方は、必ず買って帰っていただきたいですね。

明太子ほたて

明太子ほたては、海の恵みがたっぷりの美味しい珍味です。
噛めば噛むほど旨みが出てくるホタテの貝ひもに、たっぷりのタラコがプラスされています。
砂糖の甘みと、隠し味の唐辛子のピリッとした辛みが絶妙なバランスで、一度食べ始めると止まりません。
また、厳選された貝ひもは少し硬めで、イカに似た食感であるため、噛み応えや食べ応えも抜群です。
ビールや焼酎、日本酒などのおつまみに最適で、もちろんおやつとしても美味しく食べられます。
1袋70gの食べきりサイズであり、すぐ食べやすいように最初から透明のトレイに入っています。

えびちぎり

えびちぎりは、福岡・大川市の老舗蒲鉾屋“志岐蒲鉾本店”が販売するお土産です。
上質な魚のすり身に、厳選した海老をふんだんに入れた揚げカマボコで、ちぎって油で揚げることからこの名前が付いています。
フワッと香る海老の風味が食欲をそそり、食べやすい一口サイズのため、あっという間に一袋を完食してしまうでしょう。
また、おかずやおつまみとしてそのまま食べたり、うどんやそばにトッピングしたり、トースターで熱し、マヨネーズを付けて食べたりと、いろいろなアレンジができるのも魅力です。
ちなみに、当商品は保存料・合成着色料を一切使用していません。

まとめ

ここまで、お酒が進む福岡の絶品土産を3つ紹介してきましたが、気になる商品はありましたか?
当店貴月でも、餃子や豚足、手羽先など、お酒が進む福岡グルメの数々を提供させていただいており、もちろん味にも自信があります。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました