【福岡の居酒屋スタッフブログ】インパクト抜群の九州グルメ

九州地方には、初めて見る方がびっくりするような見た目のご当地グルメが数多くあります。
また、中にはそのインパクトから、手を付けるのに少し勇気がいるものもありますが、実際食べてみると美味しいものがほとんどです。
ここからは、そんなインパクト抜群の九州グルメをいくつか紹介します。

カラジュウリ

カラジュウリは、鹿児島・喜界島の伝統的な郷土料理です。
ヤギの肉と内蔵をヤギの脂で炒め、そこにヤギで取ったスープを入れ、柔らかくなるまで煮込みます。
その後、ザラメや赤味噌、ヤギの血を合わせて味付けし、タマネギやニラなどの野菜を加えれば完成です。
ヤギの内蔵や血をたくさん使う料理のため、少し見た目に抵抗がある方もいるかもしれませんが、実際はしっかりした旨みと甘辛さを堪能できる一品であり、焼酎のつまみには最高です。
ちなみに、喜界島では“ヤギ刺し”や”ヤギ汁“などもよく食べられています。

ガラカブのから揚げ

ガラカブのから揚げは、熊本のご当地グルメです。
ガラカブとは“カサゴ”のことであり、赤褐色~山吹色の身体と大きめのヒレを持ち、一目でそれとわかる少し派手な見た目の魚です。
また、ガラカブのから揚げは、見た目こそインパクトがありますが、味はまったく問題ありません。
熊本では、ガラカブを背中から開き、から揚げにしたものに少し塩を振り、手で持って豪快にバリバリと食べるのが人気です。
ちなみに、ガラカブは刺身や煮付け、塩焼きや照り焼きなど、他にもあらゆる調理法で食べられていて、淡泊ながらも芯の強い味わいを持っています。

イソアワモチの刺身

イソアワモチの刺身は、鹿児島・奄美大島や沖縄で食べられる料理です。
イソアワモチとは、ウミウシと同じ軟体動物の一種で、お世辞にも取っ付きやすい見た目ではありません。
ただ、地元では知る人ぞ知る珍味として愛されています。
塩もみをしてヌメリを落とし、下茹でをしてから内臓を取り除いた後、食べやすいサイズにスライスして刺身醤油でいただきます。
また、家庭によっては、下処理をしたイソアワモチをネギ、味噌と炒めることもあり、強い磯の香りを感じられます。

まとめ

ここまで、インパクト抜群の九州グルメを3つほど紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
これらの九州グルメは、地元ではよく食べられているものであるため、見つけた暁には安心してチャレンジしてみてください。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました