【福岡の居酒屋スタッフブログ】ビール好き必見!九州の地ビール

毎日のようにビールを飲む方の中には、観光に訪れた際、地ビールを堪能するのが楽しみだという方もいるでしょう。
九州では、あらゆる個性を持った地ビールが販売されていて、そのどれもが他のエリアでは味わえないキレやコク、喉越しを感じさせてくれます。
ここからは、特におすすめのブランドを3つほど紹介しましょう。

Fukuoka Craft

Fukuoka Craftは、名前の通り福岡の地ビールブランドです。
九州を中心に数店舗を構える“エルボラーチョグループ”の店舗で味わうことができます。
フレーバーは主に2種類で、“ペールエール”はホップ由来の程良い苦みと柑橘系の香りが感じられるアメリカンペールエールです。
また、“ヘイジーIPA”はトロピカルな香りと滑らかな口当たりが特徴で、フレッシュなホップ感が楽しめます。
ちなみに、エルボラーチョグループの店舗では、タコスやメキシカンバーベキューなど、ビールと相性抜群のメキシコ料理が数多く提供されています。

阿波岐原クラフトブルワリー

阿波岐原クラフトブルワリーは、宮崎で販売されている地ビールです。
高鍋町という海沿いの町にあるブルワリーが販売する地ビールで、フルーツ王国である宮崎ならではのラインナップが取り揃えられています。
特に、宮崎の特産である日向夏を使ったものは人気で、その他にはライチやデコポンを使用したものもあります。
また、安納芋や番茶、生姜など、他ではなかなか見ることができないフレーバーのものもあり、中でもゴーヤを使った“GOYA IPA”は、ゴーヤとホップの苦みがマッチする独創的な一本として注目されています。

サツマゴールド

サツマゴールドは、鹿児島の地ビールです。
“白波”や“神の河”などの有名焼酎を数多く販売する“薩摩酒造”の商品で、薩摩酒造・明治蔵内の直営ビアレストラン“花渡川ビアハウス”で堪能できます。
琥珀色が美しいピルスナータイプで、南薩摩特産の”黄金千貫“を原料に、ラガータイプの酵母でじっくりと貯蔵・熟成させています。
ちなみに、薩摩酒造は、上品な芳醇と爽やかな味が特徴の“サツマレッド”、スッキリした苦みとリッチで香ばしい芳醇が特徴の“サツマブラック”という地ビールも販売しています。

まとめ

ここまで、九州のおすすめ地ビールブランドを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
丹精込めて造られた九州の美味しい地ビールは、きっと観光に訪れた方を笑顔にしてくれます。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました