【福岡の居酒屋スタッフブログ】一度食べると癖になる全国のご当地ラーメン

独自の進化を遂げたご当地ラーメンは、今や全国どこに行っても見られます。
また、中には一度食べると癖になるものも多く、その美味しさはなかなか他の地域では味わえません。
今回は、特にハマってしまうこと間違いなしのご当地ラーメンを3つほど紹介したいと思います。

音更ら~麺

音更ら~麺は、北海道・音更町で主に提供されているご当地ラーメンです。
2018年に設立された“音更ら~麵組合”がブランド化を推進している、音更産小麦“ゆめちから”、“きたほなみ”をブレンドした麺を使用しています。
また、最大の特徴は、上記の麺に練り込まれたブロッコリーの乾燥粉末であり、麺は緑色をしています。
元々旨みが強い麺に、さらなる美味しさがプラスされていて、スッキリした喉越しを堪能できます。
ちなみに、隣接する帯広市内にも、音更ら~麵を提供する店舗はいくつかあります。

長岡生姜醤油ラーメン

長岡生姜醤油ラーメンは、新潟・長岡市のご当地ラーメンです。
“新潟5大ラーメン”の1つに数えられるものであり、濃口醬油スープとアクセントの生姜が特徴です。
特に有名なのは、新潟市にある“青島食堂”が提供するものであり、しっかりとした旨みがありながらも、角がなくまろやかなスープは、一度食べると癖になります。
また、醤油が良く染み込んだ薄切りチャーシュー、麺の美味しさも抜群で、ペロッと完食してしまう魅力があります。
ちなみに、生姜をスープに入れ始めた理由は、本来豚の臭みを消すためですが、長岡市の定番になったのは、身体を温める効果があるからだとされています。

八幡浜ちゃんぽん

八幡浜ちゃんぽんは、愛媛・八幡浜市のご当地ラーメンです。
ちゃんぽんの一種であり、鶏ガラや煮干しで出汁を取ったあっさりスープに、野菜や豚肉がたっぷり用いられるのが通例です。
麺は太めで、トッピングとしては、肉や野菜とともに八幡浜の特産品である“じゃこ天”などの練り物を使用する店舗が多いです。
また、過去にはコンビニエンスストアにおいて、期間・地域限定商品として販売されたり、レトルトの製品が作られたりしたこともあり、地元では有名なご当地グルメとして知られています。

まとめ

ここまで、一度食べるとその魅力に取りつかれるご当地ラーメンを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
さまざまな事情で、現地に訪れるのは難しいという場合は、お取り寄せなどで楽しむことをおすすめします。
福岡市南区でラーメン屋をお探しの方は、麺や貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました