【福岡の居酒屋スタッフブログ】万人受けする九州の銘菓3選

九州のお土産として、少しマニアックなものを買って帰りたいという方もいれば、多くの方に喜んでもらいやすいものを買って帰りたいという方もいるでしょう。
また、お土産の代表格といえば、なんといってもお菓子ですよね。
今回は、万人受けする九州の銘菓を3つほど紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ぽんつく

ぽんつくは、福岡・北九州市の銘菓です。
小倉南区に本社を構える“つる平”の商品で、ふんわりと柔らかいスポンジで、しっとりとしたカスタードクリームを包んでいます。
通常のカスタードクリームの他、イチゴやチョコ、抹茶などの味もあり、季節限定のもの(マンゴー味、モモ味など)も販売されます。
シンプルながら奥深いその味わいは、まさに万人受けするお菓子の筆頭といっても過言ではありません。
ちなみに、“ぽんつく”とは、北九州の方言で“間抜けだけど憎めない人”を指す言葉です。

さが錦

さが錦は、佐賀の代表的な菓子メーカーの1つである“村岡屋”が製造・販売する銘菓です。
小麦粉、米粉、山芋、卵を主原料にし、豆類や栗を混ぜ込んだ“浮島”という和風の蒸し菓子をベースとし、その上下に薄くカットしたバウムクーヘンを乗せ、チョコレートで貼り合わせています。
和洋折衷のお菓子で、直方体の形状は地元の豪華な織物である“佐賀錦”をモチーフとしています。
モンドセレクション3年連続金賞受賞、2年連続最高金賞受賞という実績もあり、風味豊かでしっとりした口あたりは、まさに万人に支持される完成度の高いものとなっています。

さつまいもキャラメル

さつまいもキャラメルは、鹿児島の“セイカ食品”が販売する銘菓です。
生産量日本一の鹿児島産サツマイモを、独自製法によってしっとり柔らかなキャラメルに仕上げています。
さつまいもペースト、九州産の生乳から作られた加糖脱脂粉乳やバターをたっぷり使用し、蒸気釜で1粒1粒じっくり煮詰めて作られます。
素材の味を存分に感じられるキャラメルで、元々は“妹っ子(いもっこ)”という商品名で販売されていましたが、その後商品の特徴がよりわかりやすくなるように、材料や味は変えず現在の名前に変更されました。

まとめ

ここまで、多くの方に美味しいと感じてもらえる九州の銘菓を3つ紹介してきましたが、気になるものはありましたでしょうか?
今回紹介した銘菓は、職場用や友人用、もちろん自分用としても買って帰ることをおすすめします。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました