【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州で味わいたい魅力の魚介類3選

九州に訪れる方の中には、呼子のイカや壱岐のウニなど、有名な魚介類を堪能しようと考える方も多いかと思います。
また、九州の有名な魚介類をある程度コンプリートしてしまったという方は、次なる魅力的な魚、甲殻類、貝類などを探していることでしょう。
今回はそんな方々に向けて、おすすめの魚介類を3つほど紹介します。

壱岐剣

壱岐剣は、長崎・壱岐市の特産品です。
これは、壱岐の豊かな海で育った胴長35cm以上の剣先イカで、手釣りで漁獲されたものからキズがないものだけを選別し、氷焼け対策を施した独自開発のトレーに素早く並べられ、鮮度を保持したまま冷凍されています。
新鮮なイカの特長である透明感が長持ちするところと、とれたての美味しさが味わえるところが魅力です。
また、見た目はヤリイカに似ていますが、胴がやや太く身が厚いため、噛むほどに増す甘みはより強いです。
ぜひ刺身で味わっていただきたいですね。

海峡育ち鰤王

海峡育ち鰤王は、鹿児島の特産品です。
養殖生産量全国トップクラスである鹿児島のブリは、“鹿児島ブリ”として肉質の良さが高い評価を受けています。
タンパク質、脂肪、ビタミンが多く含まれるなど、栄養面にも恵まれていて、なおかつ和洋中さまざまな料理に合い、アラも美味であることが知られています。
中でも、東町漁協のオリジナルブランド“海峡育ち鰤王”は、安心・安全への徹底したこだわりが詰まっています。
稚魚から出荷まで一貫生産されていて、1年を通じて同じ浜から集荷しているため、どこも真似できない安全性への保証が確保されています。

北浦灘アジ

北浦灘アジは、宮崎の特産品です。
日向灘は、古くから潮流が速いことで知られていて、この厳しい環境の中にいるマアジを生きたまま漁獲し、港の生け簀に運んで1週間畜養、安定させてから活魚として出荷します。
畜養することで胃の内容物が除去され、鮮度が高くなり肉質が安定します。
また、その間エサを与えないことで脂が全身に回り、味をまろやかに向上させることができます。
九州や四国だけでなく、関西や関東、東北にも出荷され、刺身はもちろん、焼き魚や干物などさまざまな調理法で食されています。

まとめ

ここまで、九州で味わいたい魅力の魚介類を3つ紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
九州はあらゆるエリアで独自の魚介類を漁獲していたり、養殖していたりするため、ぜひ旬の時期を狙って訪れてみてください。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました