【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州のサービスエリアで購入できるご当地グルメ

全国のサービスエリアでは、その地域のご当地グルメが多数販売されています。
もちろん、それは九州のサービスエリアも例外ではありません。
ここからは、九州の各サービスエリアにおける人気のご当地グルメを紹介しますので、立ち寄る機会があれば、ぜひチェックしてみてください!

博多ラーメンまん

博多ラーメンまんは、福岡・古賀市の“古賀サービスエリア(下り線)”で販売されている、博多のご当地グルメです。
中華まん生地の中に、福岡県産“ラー麦麺”と豚骨ベースのあんかけが入っていて、一口食べると濃厚な豚骨の味が口いっぱいに広がります。
甘みがあるだけでなく、スパイスとして含まれているブラックペッパーが味を引き締めているため、辛いものが好きな方にもピッタリですね。
お土産にも向いていますが、できれば最初はその場で熱々を楽しむことをおすすめします。

基山コロッケ

基山コロッケは、佐賀・三養基郡基山町の“基山パーキングエリア(上り線)”で販売されているご当地グルメです。
高タンパク・低カロリーで、鉄分も豊富な“エミュー”の肉を使用した変わり種コロッケで、ジャガイモと一緒に入るエミュー肉は、鶏肉にも似た独特な食感と味わいを持っています。
全国のご当地コロッケを食べ歩いているという方には、ぜひ替えがきかないこの一品を堪能していただきたいですね。
ちなみに、エミュー肉を使用している理由としては、基山町が耕作放棄地の再利用として、エミューの飼育を行っていることが挙げられます。

食べる珈琲

食べる珈琲は、熊本・八代郡氷川町の“宮原サービスエリア(上り線)”で販売されているご当地グルメです。
販売場所は同サービスエリア内の“まる味屋珈琲店”で、このお店があるのは高速道路では宮原サービスエリアのみとなっています。
阿蘇の名水仕立てのコーヒーを凍らせて砕いたシャリシャリのクラッシュアイスに、コーヒーのコク深さと濃厚ミルクソフトの甘さがプラスされた一品です。
まさに、夏場のクールダウンには最適ですね。
ちなみに、まる味屋珈琲店では、阿蘇の名水で淹れたスペシャルティコーヒーも堪能することができます。

まとめ

ここまで、九州の各サービスエリアにおける人気ご当地グルメを3つほど紹介してきました。
九州には、九州に実際行かなければ食べられないグルメがたくさんあるため、事前に目的地、道中近くのお店はチェックしておきたいですね。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました