【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州のシンプルで美味しいお菓子

観光に訪れた際、どのようなお土産を買って帰るべきなのか悩むという方も少なからずいるでしょう。
そんなときに重宝されるのが、幅広い層に支持されるシンプルながら美味しいお菓子です。
今回は、九州のシンプルで美味しいお菓子を3つほど紹介しますので、困ったときはぜひ購入してみてください。

両 一筋まんじゅう

両(ふたつ) 一筋まんじゅうは、福岡のお菓子です。
北海道産手亡豆をしっとりと口溶け良く炊き上げた白餡を、九州産小麦粉、福岡・飯塚市産の朝採れたまごをふんだんに使用した生地で包んだ饅頭です。
選び抜かれた素材だけを使い、職人が真心込めて丁寧に仕上げています。
シンプルな味わいながら、その奥深い甘みと食べやすい食感は、まさに万人受けするお土産の代表格と言えます。
ちなみに、特徴でもある表面の一筋模様は、素材・製法・美味しさに一途にこだわり続ける気持ちを表現しています。

風雅巻き

風雅巻きは、熊本のお菓子です。
吟味した豆を、有明海産の若摘み焼きのりで1本1本手巻きしています。
香ばしい味わいと豊かな磯の香りが特徴で、豆と海苔の純粋な美味しさを楽しめます。
また、お土産用の詰め合わせには、シンプルな醤油大豆の他にも、醤油ピーナッツ、わさび大豆、醤油カシューナッツ、塩ピーナッツ、醤油そら豆とさまざまなフレーバーが入っています。
どれも素材の味を存分に生かした意欲作で、お茶請けやおつまみには最適なため、困ったときにはぜひ手に取りたい一品です。

フェニックス通り

フェニックス通りは、宮崎のお菓子です。
練乳と卵をふんだんに使用した優しい甘さの乳菓で、卵の黄身を白餡に練り込んだ口溶けの良い“黄色餡”を、バターたっぷりの生地の中にギッシリと詰め、香ばしく焼き上げています。
和洋折衷の上品な味わいは、紅茶と一緒に食べるのに最適で、小さな子どもからお年寄りまで、幅広い層に親しまれています。
また、しっかりと個別に包装されているため、会社や学校のお土産としても最適です。
ちなみに、フェニックス通りという独特な商品名は、南国・宮崎を象徴する県木である“フェニックス”に由来しています。

まとめ

ここまで、九州のシンプルながら美味しいお菓子を紹介してきましたが、気になるものはありましたか?
個性的なお土産を購入するのももちろん良いですが、まずはシンプルながら信頼性の高いお菓子を選ぶことをおすすめします。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました