【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州の味を存分に堪能できるご飯もの

九州で食べるご当地グルメといえば、お酒のお供になるもののイメージが強いと思います。
ただ、あまりお酒が得意ではない方の中には、ご飯ものを食べてガッツリお腹を満たしたいという方もいるでしょう。
今回はそんな方々のために、九州の味を存分に味わえるご飯ものをいくつか紹介したいと思います。

吉野鶏めし

吉野鶏めしは、大分市の南部にある吉野地区のご当地グルメであり、有名な料理漫画である“美味しんぼ”で紹介されてから、全国的に有名になりました。
砂糖や醤油などで鶏肉、ごぼうを煮込み、ご飯が八分炊きのときに混ぜ合わせる“二度炊き”で作られます。
おにぎりにして食べられることが多く、元々は県内各地に伝わる家庭料理であり、猟師が来客のもてなしのため、キジやハトなどの鳥肉を使って作っていたものが起源とされています。
また、吉野鶏めしに若干のおかずを加えた駅弁は、大分駅や別府駅、博多駅などで販売されています。

鯛茶漬け

鯛茶漬けは、福岡のご当地グルメです。
県内有数の鯛漁獲量を誇る福津市をはじめ、福岡では鯛茶漬けを提供する店舗が多くあります。
玄界灘の荒波に揉まれ、身が引き締まった鯛を気軽に楽しめることから、大衆料理としての人気は高いです。
地元の鯛茶漬けは、まず特製のタレに漬け込んだ鯛だけを食べ、その後海苔や薬味等と一緒に、アツアツのご飯に乗せ、豪快な丼として食べます。
そして、最後にご飯に乗せた鯛の上から、熱いお茶や出汁をかけ、お茶漬けにするのが一般的です。
1つで3種類の味わいが楽しめる、とても贅沢な一品です。

かのや黒豚カレー

かのや黒豚カレーは、鹿児島・鹿屋市のご当地グルメです。
鹿屋市および大隅半島内で生産される食材を使ったカレーで、農林水産省の地産地消に努める取り組みの一環として誕生しました。
認定を受けた飲食店、ホテルのみでしか味わうことができない一品で、各店舗で食材、味付け、トッピングなどにさまざまな工夫がされています。
中には、大きなサイコロ状の黒豚がゴロッと入っているものもあり、味もさることながら、満足感も申し分ありません。
可能であれば、バリエーション豊かな各店舗のかのや黒豚カレーを、ぜひ食べ比べていただきたいですね。

まとめ

ここまで、九州の味を存分に味わえるご飯ものを3つ紹介しましたが、皆さんはどれが気になりましたか?
もし、九州の店舗で前述のご当地グルメを見つけたら、気軽に入店してみましょう。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました