【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州の変わったスイーツ

これまで当コラムでは、九州の変わったスイーツを数多く紹介してきました。
ただ、九州には変わったスイーツがまだまだたくさんあり、どれも九州に訪れなければ、なかなか口にできないものばかりです。
そのため、もし提供しているお店を見つけた暁には、ぜひ1度味わっていただきたいと思います。

海軍さんの入港ぜんざい

海軍さんの入港ぜんざいは、長崎・佐世保市のご当地スイーツであり、日本海軍において、長い航海を終えて母港に帰港する前夜、船の中で振舞われていたものです。
このぜんざいには、疲れを癒す意味と、無事帰ってくることができたお祝いの意味が込められており、この習慣は現在の海上自衛隊にも一部受け継がれているそうです。
また、一口にぜんざいと言っても、おもちや白玉、たい焼きなど、入っているものは提供する店舗によって異なるため、自分好みの味を見つけるのも面白いでしょう。

寒ざらし

寒ざらしは、長崎のご当地スイーツです。
小さな白玉団子を島原の湧き水で冷やし、はちみつや砂糖などで作った特製の蜜をかけたものです。
口の中でとろける上品な甘さと喉越しの良さが人気で、島原市では“寒ざらしマップ”が作られるほど、数多くの飲食店で提供されています。
また、店舗ごとに白玉の大きさやシロップの味が異なり、自家製あずきなどのトッピングが楽しめるところもあります。
マップを片手に、各店の食べ比べをするも楽しいでしょう。

米粉スイーツ

米粉スイーツは、熊本・菊池市が力を入れているご当地スイーツです。
菊池渓谷が育む豊かな水と肥沃な大地によって、熊本県の中でも有数の米処として知られる菊池市では、アイスクリームやケーキ、カステラなどの米粉スイーツが多数誕生しており、どれもほのかに甘く、優しく繊細な味を存分に楽しませてくれるものばかりです。
ちなみに、菊池市では、少しでも美味しい米の魅力を全国に伝えようと、グラタンやパン、ピザや串揚げなど、スイーツ以外にも米粉を使用したメニューが多数考案されています。
菊池市に訪れた際は、職人の創造力と米粉が作り上げる逸品の数々をぜひ堪能してください。

まとめ

ここまで、九州の変わったスイーツをいくつか紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
当店貴月でも、一品料理や揚げ物、麺類などにおいて、一風変わったメニューを提供させていただいており、どれも味に自信のある逸品となっております。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました