【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州の牛・豚・鶏以外のお肉

九州にはさまざまなブランド肉がありますが、観光に訪れるのであれば、ぜひ牛・豚・鶏以外のお肉にも注目していただきたいと思います。
また、九州の飲食店で堪能した後、気に入ったものはぜひお土産として買って帰ることをおすすめします。
では、具体的にどんなお肉があるのかを紹介しましょう。

馬肉

馬肉は、熊本が誇るご当地食材です。
低カロリー・高タンパクで知られていて、馬刺しとして食べられるのが一般的です。
口の中でほんのり甘くとろける馬肉の脂肪分と、生姜やニンニクなどの薬味のコンビネーションは抜群です。
新鮮なものほど美味しく、特に霜降り部分の刺身はマグロのトロに匹敵する味だと言われています。
また、寿司や焼肉、ステーキの他、地元ではおでんに馬肉のスジを使う家庭も少なくありません。
ちなみに、馬肉は冬の間に十分に育った馬を、桜の咲く頃に味わうのが一番美味しいとされています。

ぶんご合鴨

ぶんご合鴨は、大分のご当地食材です。
“昭和の町”を再現したことで知られる豊後高田市の名物で、マガモの美味しさ、青首アヒルの太り具合を兼ね備えた良いところづくしの合鴨です。
その肉は驚くほど柔らかく、しっかりとした旨みを持っています。
また、新鮮な合鴨はタタキやステーキで食べると、その美味しさをより実感できますが、豊後高田市を訪れるのであれば、同市の特産品である白ネギとともに味わえる“合鴨鍋”もおすすめです。
しっとりした合鴨とネギの絶妙な相性の良さが楽しめるため、ぜひチェックしてみてください。

イノシシ肉

イノシシ肉は、佐賀のご当地食材です。
イノシシが田畑を荒らすことに悩んでいた佐賀・武雄市は、深刻化する被害を抑えるためにイノシシの捕獲を始めましたが、当時は捕獲後の殺処分が問題となっていました。
そこで行政は、食肉としての活用を進め、イノシシ肉の加工センターを設立し、そこから地元の名物として根付いていったとされています。
イノシシ肉は低カロリーかつ高タンパクで、ビタミンも多く含むことから、美容や健康にとても良いと言われています。
また、食べ方としては“ぼたん鍋”が有名で、赤身と白身のバランスが良いイノシシ肉が盛り付けられた皿は、文字通りぼたんのような美しさを持っています。

まとめ

ここまで、九州の牛・豚・鶏以外のお肉をいくつか紹介してきました。
九州の飲食店には、このような地元の食材を使用し、観光客の方を満足させてくれるところがたくさんあります。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました