【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州の絶品ご当地バーガー

“ご当地B級グルメ”と聞いて、皆さんは何をイメージしますか?
その地域の食材を利用した“ハンバーガー”をイメージされる方は、決して少なくないでしょう。
九州地方にも、その地域ならではの食材を使った絶品のご当地バーガーが数多く存在します。
今回は、中でもおすすめの3品を紹介しましょう。

のこバーガー

のこバーガーは、福岡・能古島のご当地バーガーです。
島の奥側の高台にある“のこのしまアイランドパーク”で作られた野菜を使ったハンバーガーで、シンプルながら食欲をそそる見た目が特徴です。
厚みのある刻みタマネギの入ったパティに、レタス、トマト、輪切りにされたタマネギが入っていて、ソースはケチャップとマヨネーズ、マスタードもしっかり効いています。
また、バンズには福岡市中央区にある天然酵母・石窯の老舗パン屋“シモン”のものを使用していて、素朴ながらジューシーで味わい深いハンバーガーに仕上がっています。

壱岐牛バーガー

壱岐牛バーガーは、長崎・壱岐のご当地バーガーです。
特に有名なのは、漁業で栄えた勝本エリアの風情ある通りに佇む“大久保本店”というカフェで提供されている、壱岐牛100%バーガーですね。
潮風を受け、ミネラルを含んだ牧草を食べて育った壱岐牛は、さっぱりとした脂と甘み、柔らかさが特徴で、壱岐牛バーガーは地元食材にこだわり、パティやジャポネソースもすべて手作りされています。
フワフワのパティと甘辛いソースの相性は抜群で、ボリューム満点ながらもペロリと完食できてしまう一品ですね。

馬火バーガー

馬火(うまか)バーガーは、熊本のご当地バーガーです。
馬肉入りパティを使用した熊本らしさ全開のハンバーガーで、たっぷりのレタスと厚切りのトマト、目玉焼きやベーコンなどを一緒に挟んでいます。
また、くさみはほとんどなく上質な味わいで、馬肉の旨みをじっくり堪能できるため、熊本を代表するハンバーガーとして、全国に多くのファンを抱えています。
ちなみに、馬火バーガーという名前は、熊本を代表する食材である“馬”、火の国熊本の“火”、九州の方言で美味しいを意味する“うまか”が由来となっています。

まとめ

ここまで、九州の美味しいご当地バーガーを3つほど紹介してきましたが、気になるものはありましたか?
まだ食べたことがないという方は、次回九州旅行に訪れた際、各地域の魅力をぜひ堪能してみてください。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました