【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州の美味しいクラフトビール

“クラフトビール”とは、“職人技のビール”、“手作りのビール”のことをいい、全国のあらゆる醸造所で造られています。
もちろん、九州にも醸造所や美味しいクラフトビールは数多く存在しますので、九州に訪れる際にはぜひ味わっていただきたいと思います。
ここからは、特におすすめの商品を紹介しましょう。

博多ドラフト

博多ドラフトは、福岡の“オークラブルワリー”で造られるクラフトビールです。
また、博多ドラフトには“アルス”、“シェーンアルト”、“ダイコク”の3種類があり、それぞれ全く異なる味わいを持っています。
アルスは、シャルドネを思わせる芳醇な香りと苦み、飲みやすさが特徴で、シェーンアルトはカラメルモルトの甘く香ばしい風味、ホップの力強い苦みがあります。
また、ダイコクは博多祇園山笠の“大黒流”にちなんだ力強い黒ビールで、ビターな香り、トロリと甘い口当たりが特徴です。
いずれも、ビールの祭典で賞を受賞しているものばかりです。

パネユズエール

パネユズエールは、宮崎の“日南麦酒株式会社”が製造するクラフトビールです。
南部九州産のゆずピール(柚子の皮)をふんだんに使用し、柚子の香りとテイストを余すことなくプラスしています。
苦みは少なく、一般的なビールが苦手という方でもスッキリ飲める一品ですね。
ちなみに、当商品のネーミングには、“半端ねぇ柚子ピール”という意味が込められています。
また、日南麦酒株式会社は、他にも“ベルジャンホワイト”や“木崎浜ペールエール”、“梅ヶ浜”など数々のクラフトビールを精力的に製造しています。

ベルギーホワイト

ベルギーホワイトは、鹿児島の“城山ブルワリー”が造るこだわりのクラフトビールです。
通常のビールは大麦を原料としていますが、このビールは小麦をベースに使用されています。
また、そこに鹿児島特産“桜島小みかん”の皮、コリアンダーを加えることで、バランスの取れた爽やかな味わいに仕上がっています。
スパイシーな口当たりと、小麦の酸味、桜島小みかんのフレッシュな香りは、他のクラフトビールとは一線を画した独自の美味しさを演出します。
海鮮料理などと一緒に味わえば、より美味しさが引き立ちます。

まとめ

ここまで、九州の魅力的な醸造所、クラフトビールを紹介しましたが、いかがでしたか?
九州に訪れたら、やはり地元の美味しいお酒を飲んで、それにピッタリのグルメを堪能するべきですね。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました