【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州土産に最適な変わったドリンク

九州にはいわゆる“王道”とされるお土産がいくつかありますが、何度も通っている方は、変わったお土産を購入したいという考えにもなるでしょう。
また、ジャンルに関しても、少しコアなところを攻めたいという方もいるかと思います。
今回は、そんな方々に向けて、九州土産に最適な“ご当地ドリンク”を紹介します。

チョコレートサイダー

チョコレートサイダーは、熊本のご当地ドリンクです。
“有限会社阿蘇・岡本”が製造・販売するもので、炭酸水とチョコレートを合わせて飲んだり食べたりしているような、不思議な味をしています。
また、後味はスッキリしていますが、飲んでいる際の風味はチョコレートそのものです。
国内でも非常に珍しいフレーバーであり、同社は他にもシソなど個性的な味のサイダーを販売しています。
もちろん、プレーンなサイダーも販売されているため、お土産だけでなく、旅のお供やお風呂上りにぜひ味わってみてください。

飲む酢

飲む酢は、福岡のご当地ドリンクです。
“株式会社庄分酢”が販売する商品で、名前の通り冷水などで希釈し、そのまま飲むことを想定して作られています。
もっともメジャーなフレーバーである“黒酢りんご”は、有機玄米黒酢をベースに、国産リンゴ果汁とハチミツを加えた飲みやすい味で、ヨーグルトやアイスにかけたり、煮詰めて甘酸っぱいソースとして使ったりすることもできます。
ちなみに、飲む酢にはいちごやりんご、ブドウやユズ、生姜など8種類ものフレーバーがあり、それぞれを詰め合わせたセットも販売されています。

フルーラ

フルーラは、佐賀に本社を置く“友桝飲料”が販売するご当地ドリンクです。
日本の伝統的な炭酸飲料であるラムネに果実のフレーバーを加えることで、オシャレに仕上げています。
昔ながらのビー玉が入った瓶の趣はそのままに、マンゴーやライチ、ラ・フランスなど、これまでにないバリエーションのラムネが楽しめます。
また、フレーバーによって微妙に瓶の形状が異なるため、コレクションとして購入するのも良いでしょう。
ちなみに、フルーラという商品名の語源は果実の“フルーツ”と“ラムネ”を合わせた造語であり、花のイメージの“フローラ”も兼ねています。

まとめ

ここまで、九州土産に最適な変わったドリンクを3つ紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
九州では、何度訪れても新たなものが発掘できるほど、魅力的なお土産が多く販売されています。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました