【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州地方の個性的なハンバーガー

ご当地グルメの代表格とも言えるハンバーガーは、各地で創意工夫したものが開発・販売されています。
もちろん、九州地方にも、他の地方ではなかなか食べられないハンバーガーはいくつもあります。
ここからは、中でも個性的な九州ご当地バーガーを3つほど紹介しますので、気になるものがあればぜひお試しください。

天草大王バーガー

天草大王バーガーは、熊本のご当地バーガーです。
硬すぎず柔らかすぎない絶妙な歯ごたえ・弾力とジューシーさが特徴の地鶏である“天草大王”が使用されたハンバーガーで、ボリュームは満点です。
また、バンズには熊本産のトマトが練り込まれていて、地鶏のパティと一緒に熊本名物のからし蓮根を挟んでいます。
天草大王のプリッとした食感と、からし蓮根のシャキシャキ感、ツーンとくる辛さが絶妙にマッチしていて、替えがきかない唯一無二の美味しさを堪能できます。

モモガー

モモガーは、大分のご当地バーガーです。
大分・九重町にある九重“夢”吊大橋にちなんで生まれた、九重“夢”バーガーの1つで、ご当地食材である“豊後牛”をふんだんに使った贅沢なパティを使用しています。
また、まろやかなオリジナルソースとタマネギ、トマト、レタスなどの高原野菜が一緒に挟まっていて、オーソドックスながら期待を裏切らない味わいです。
ちなみに、九重“夢”バーガーには、他にもパティにイノシシ肉を使用した“シシガー”、魚のすり身がメインのパティを使った“ヘルガー”があります。
どれもまったく異なる特徴を持っているため、近くに訪れたときはぜひ制覇したいですね。

鶏照り焼きナンバーガー

鶏照り焼きナンバーガーは、宮崎のご当地バーガーです。
宮崎産地鶏の照り焼きと、トマト、レタスの上に、皮切りにした柚子をトッピングし、ヘルシーな玄米ナンでサンドした一品です。
絶妙な甘辛さに加え、爽やかに香る小林産の柚子が良いアクセントになっていて、ボリューム満点ながらもペロッと食べられます。
宮崎自動車道“霧島SA(上り線)”のスナックコーナーで販売されているため、宮崎を感じながら小腹を満たしたいという方は、ぜひ立ち寄ってみてください。

まとめ

ここまで、九州地方の個性的なハンバーガーを3つ紹介しましたが、いかがでしたか?
これらはすべて、各エリアの販売店や団体などが自信を持って提供するハンバーガーであるため、味の信頼度は非常に高いです。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました