【福岡の居酒屋スタッフブログ】個性と美味しさを兼ね備えた九州バーガー

九州の有名なご当地バーガーといえば、ボリューミーな“佐世保バーガー”や、30年以上の歴史を持つ“からつバーガー”などが挙げられます。
また、他にも魅力的な九州バーガーは存在し、どれもが個性と美味しさを兼ね備えた素晴らしい商品に仕上がっています。
ここからは、中でもおすすめの九州バーガーを紹介しましょう。

こうげ愛バーガー

こうげ愛バーガーは、福岡・上毛町のご当地バーガーです。
上毛町の老舗から揚げ店“上毛乃台所 聖林”が、地元食材にこだわって作った唐揚げバーガーで、ボリューム満点な見た目と、ハート型の可愛いバンズが特徴です。
当店舗の唐揚げは、国産鶏のムネ肉にオリジナルの味付けを施したもので、地元では行列を作るお店として有名です。
そんな唐揚げを、町内にある“村のぱん屋・SAN”が丁寧に作ったふっくらモチモチの米粉100%パンでサンドし、そこに地元農家から届くフレッシュ野菜を加えれば、地元愛たっぷりのこうげ愛バーガーが完成します。

洞門バーガー

洞門バーガーは、大分・中津市のご当地バーガーです。
耶馬溪黒豚100%のパテ、地元や近隣産のトマト、レタスがサンドされていて、タレには醤油ベースのものを使用しています。
また、黒豚と掛け合わせて作った真っ黒なバンズも特徴で、これには食用の竹炭粉が練り込まれています。
地元の商工会青年部が1年間をかけて開発した渾身のご当地グルメであり、本格的な味をカジュアルに楽しめるとあって、幅広い世代から人気を獲得しています。
中津市内の“レストハウス洞門”にて、土日限定で販売されているため、立ち寄った際はぜひチェックしてください。

なんこつ黒もっちバーガー

なんこつ黒もっちバーガーは、鹿児島・霧島市のご当地バーガーです。
全国的に有名な鹿児島産・“六白黒豚”の軟骨をじっくりと煮込み、黒酢を使用した特製調味料と合わせて仕上げた特製のパテと、モチモチ食感のふんわりバンズが、絶妙なハーモニーを奏でます。
“アーバンホテル国分”内にある“レストランOHANA”で堪能できる一品で、代えの利かない独特な食感と充実感が味わえます。
新しいご当地バーガーを求めている方はぜひ!

まとめ

ここまで、個性と美味しさを兼ね備えた九州のご当地バーガーを紹介しましたが、気になるものはありましたか?
ご当地バーガーは、駅や空港、道の駅などで偶然見つかる機会も多いため、もし出会ったら購入してみてください。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました