【福岡の居酒屋スタッフブログ】全国の注目ご当地ラーメン3選

全国には、数え切れないほど多くのご当地ラーメンがあります。
そのため、日々あらゆる店舗に通うようなラーメン通の方でも、まだまだ食べたことがないラーメンはたくさんあるでしょう。
今回は、そのような方々に向けて、一度は食べていただきたい全国の注目ご当地ラーメンを紹介します。

ガタタンラーメン

ガタタンラーメンは、北海道・芦別市のご当地ラーメンです。
“ガタタン(含多湯)”とは、小麦粉を練った団子やタケノコ、椎茸、豚肉、こんにゃく、うずらの卵など、10種類以上の具が入った中華スープをいいます。
そのガタタンに中華麺を加えたものがガタタンラーメンで、程良い塩味があり、とろみの付いたスープが麺にしっかりと絡みます。
ちなみに、ガタタンラーメンのスープのベースには、鶏ガラや豚骨など、店舗によってさまざまなものが使用され、近年はガタタンを応用したチャーハンなどを提供する店舗もあります。

新見ラーメン

新見ラーメンは、岡山の北西部にある新見市のご当地ラーメンです。
新見市にはイノシシが多く生息し、昔からボタン鍋などのイノシシ料理が郷土食として食べられてきました。
その影響から、地元の一部店舗において、イノシシ肉を使用したラーメンが新見ラーメンとして提供されるようになっています。
スープにイノシシを使用し、具材としてもイノシシのチャーシューが乗っているのが特徴で、基本的には醤油ベースですが、味噌ベースで提供する店舗もあります。
イノシシ独特の香ばしさはあるものの、クセはほとんどありません。

小田原系担々麺

小田原系担々麵は、神奈川・小田原市のご当地ラーメンです。
挽肉、ザーサイ、ニンニク、豆板醤などをベースとした、とろみの強いあんかけ風甘辛スープの担々麵で、1975年に創業した小田原市の担々麵専門店“中華四川”が源流です。
通常レベルの辛い物好きの方であれば、ストレスなく食べられるくらいの程良い辛さであり、麺によく麺が絡むため、担々麵というよりかは、どちらかというと中華風餡かけそばに近いです。
ちなみに、スープはお米との相性も抜群で、最後にライスを入れて食べれば、余ったスープもあっさり完食できます。

まとめ

ここまで、ラーメン通の方に一度は食べていただきたい、注目ご当地ラーメンを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
さまざまな種類を食べた方でも、「まだこんな味があったのか!」というものに出会えるのが、ラーメンの素晴らしいところです。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました