【福岡の居酒屋スタッフブログ】独特な調理法の九州グルメ

“ご当地グルメ”、“郷土料理”と聞くと、そのエリアの珍しい食材を使ったものを想像する方も多いかと思います。
ただ、九州には、全国的に有名な食材を独特な方法で調理し、ご当地グルメとして定着させているものもあります。
ここからは、そんな独特な調理法によって生まれた九州グルメをいくつか紹介します。

鰻の湯引き

鰻の湯引きは、大分・日田市のご当地グルメです。
蒲焼などで食べられることの多い鰻ですが、日田市では湯引きがポピュラーな食べ方として定着しています。
下ごしらえをして切った鰻の身を熱湯に通し、氷水で冷やして身を引き締め、柚子胡椒が添えられたポン酢や酢味噌で食べます。
プリプリとした身とコリコリした皮が持つ独特な食感の中に、脂っこくないサッパリとした鰻の旨みが広がります。
ご飯のお供というよりは、焼酎と合わせたい一品です。

地鶏の刺身

地鶏の刺身は、鹿児島のご当地グルメです。
完全に生の鶏肉を使う刺身や、湯や酒にくぐらせるなど表面だけを処理した鶏肉を使用する刺身もありますが、鹿児島で地鶏の刺身と言えば、皮つきの鶏肉の表面を炙った後、そぎ切りにしたものを指すことが多いです。
“たたき”のようなイメージですね。
添えられるのは鹿児島で好まれる甘口醤油と薬味のおろしニンニク、おろし生姜、柚子胡椒などで、鶏肉の旨みには甘口の醤油が良く合います。
また、ムネ肉やモモ肉、ささみ、砂ずりといった部位によって異なる食感と鶏肉本来の旨みも、刺身ではたっぷり堪能できます。

しいたけの炭火焼き

しいたけの炭火焼きは、大分のご当地グルメです。
大分で作られる厚木栽培の椎茸は、肉厚で香りも良く、焼いて食べると非常に美味しいです。
しいたけの炭火焼きは、しいたけに塩を振って炭火で焼くだけという至ってシンプルなものであり、素材の味わいがストレートに感じられます。
焼き方にはコツがあり、水滴が下に落ちないように工夫することで、しいたけの旨味成分を逃さずに仕上げることができます。
焼き上がったしいたけに、大分特産のカボスを絞るとさらに味わいが増し、弾力のある歯ごたえは、新鮮な大分産生しいたけならではのものです。
初めて食べる方は、しいたけの概念が変わるでしょう。

まとめ

ここまで、独特な調理法で提供される九州グルメを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
馴染みのある食材であっても、調理法が変わればその味わいは大きく変わってきます。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました