【福岡の居酒屋スタッフブログ】福岡の変わり種豚骨ラーメン

福岡のご当地ラーメンといえば、やはり白濁色のスープと細麺が特徴の豚骨ラーメンですよね。
また、近年は変わり種の豚骨ラーメンを提供する店舗も多く登場し、舌が肥えたラーメン好きの方を楽しませてくれています。
ここからは、特に注目すべき、福岡の変わり種豚骨ラーメンをいくつか紹介したいと思います。

大陸ラーメン亜細亜

大陸ラーメン亜細亜は、博多駅から出てすぐのところにある“らーめん二男坊 博多本店”で食べられる一杯です。
ココナッツミルクをベースに、数種類の香辛料で仕上げたスープと、臭みのない豚骨スープのダブルスープに、細めのストレート麺が絡みます。
具材にも鶏ササミや水菜、パプリカなど、一般的な豚骨ラーメンではあまり見られないものが使用されています。
また、ココナッツミルクのまろやかな甘みと、香辛料のジワッとくる辛さはやみつきになる美味しさで、〆にご飯を投入すれば、スープカレーのような感覚で堪能することもできます。

ラーメンジェノバ

ラーメンジェノバは、濃厚かつクリーミーな魚介豚骨ラーメンが人気の“ラーメン海鳴 中州店”で食べられるラーメンです。
博多豚骨にイタリアンを掛け合わせた斬新なラーメンで、豚骨スープにバジルソースを合わせています。
一口すすると、口一杯にバジルの香りが押し寄せ、後からまろやかな豚骨の甘みが追いかけてきます。
また、香ばしく炙られたチャーシュー、白髪ねぎのトッピングも絶妙にマッチしていて、最後までオリジナリティ溢れる味わいを存分に楽しめます。

黄豚骨ラーメン

黄豚骨ラーメンは、あらゆるタイプの豚骨ラーメンを提供している“拉麺 空海”が提供する一杯です。
黄色の正体はカレー味であり、チャーシューや煮卵、キクラゲなどオーソドックスな具材とこだわりの細麺が、豚骨カレースープと合わさっています。
“豚骨+カレー”と聞くと、どちらも主張し合ってしまいそうですが、実際そんなことはありません。
豚骨のコクと旨み、カレーのスパイシーな風味のバランスは絶妙で、想像よりもはるかに食べやすいラーメンとなっています。
ちなみに、当店舗では旨辛豚骨の“赤豚骨ラーメン”、マー油を使用した“黒豚骨ラーメン”なども提供されています。

まとめ

ここまで、福岡で食べられる変わり種豚骨ラーメンを3つほど紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
当店麺や貴月では、変わり種の塩ラーメンと、餃子や豚足などの豊富な一品料理を中心に提供させていだたいております。
福岡市南区でラーメン屋をお探しの方は、麺や貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました