【福岡の居酒屋スタッフブログ】福岡の美味しいご当地麺

福岡のご当地麺と聞いて、博多ラーメンを思い浮かべる方は多いでしょう。
ただ、実は福岡には、他にもあまり知られていないご当地麺がたくさんあります。
また、どれもが1度食べると癖になる味わいを持っているため、新しい九州の一面を見たいという方は、ぜひ食べてみてください。

戸畑チャンポン

戸畑チャンポンは、福岡・北九州市戸畑のご当地麺です。
豚骨系スープに、蒸した細麺とたっぷりの野菜、鶏やイカゲソのから揚げなどを入れた、戸畑っ子なら誰もが食べたことのある独特なチャンポンです。
戸畑、八幡の製鉄所が繁栄していた時代、安くてボリュームのあるチャンポンは多くの労働者に喜ばれ、その人気は現在まで受け継がれています。
また、独特の細い蒸し麺はコシが強く、モチモチ、ツルツルの食感が楽しめます。

小倉肉うどん

小倉肉うどんは、福岡・小倉のご当地麺です。
昭和30年代に、個人経営の小さな店で提供され始めた料理であり、近年のご当地グルメブームの影響で、じわじわと話題を集めています。
通常、一口大の牛ほほ肉がゴロゴロと乗っており、ネギとおろし生姜を入れて食べます。
また、独特な濃い出汁はやや甘く、肉汁の旨味がコクとなり、味わい深い仕上がりとなっています。
「お肉をガッツリ食べたい!」「美味しいご当地麺を食べたい!」という2つの願いを叶えてくれる、魅力的なご当地麺ですね。
ちなみに、牛のほほ肉を“どぎ肉”ということから、“どぎどぎうどん”と呼ばれることもあります。

元祖博多うっど~ん

元祖博多うっど~んは、福岡・博多に彗星のごとく現れたご当地麺です。
店舗の運営は、博多ラーメン界の雄である“一幸舎”が行っており、元祖博多うっど~んの魅力は、なんと言っても麺とスープです。
和風魚介と鶏ガラを合わせたスープで食べる、きし麺のような見た目の平打ち中華麺はまさに絶品です。
また、和風をベースにしながらも、濃厚なコクと優しい味わいのあるスープは、甘辛い味付けの肉と絶妙にマッチしており、思わず最後まで飲み干してしまうほどの美味しさです。
ちなみに、より麺の食感を楽しみたい場合は、“汁なし”をオーダーすることもできます。

まとめ

ここまで、全国的にはあまり知られていない、福岡の美味しいご当地麺をいくつか紹介しました。
当店麺や貴月でも、“黄金鶏塩ラーメン”や“鶏塩レモンラーメン”など、まだ皆さんが出会ったことのないような、代わりのきかないラーメンを提供させていただいております。
福岡市南区でラーメン屋をお探しの方は、麺や貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました