九州には魅力的な“ご当地カレー”がたくさんあります!

福岡には、焼きカレーの元祖と言われるご当地カレー“門司港焼きカレー”があります。
また、九州全体を見渡すと、他にも個性的かつ魅力的なご当地カレーがたくさん存在します。
ここからは、そんな九州のご当地カレーの中でも、特におすすめのものをピックアップしていきたいと思います。

九州の魅力的なご当地カレー①唐ワンカリー

唐ワンカリーは、佐賀・唐津の魅力がぎっしり詰まった、渾身のご当地カレーです。
“唐津ご当地グルメ研究会”が定めた3箇条を満たしたカレーであれば、この唐ワンカリーに認定されます。
ちなみに、その3箇条とは、“1品以上は地場産の食材を使用すること”、“唐津ならではこだわりを入れること”、“麺やパンを使用したオリジナルのカレー料理を提供すること”です。
オリジナルキャラクターの“唐ワンくん”も一躍話題となり、唐津を象徴するグルメとなる日も近いと言われています。

九州の魅力的なご当地カレー②いちきポンカレー

いちきポンカレーは、鹿児島・いちき串木野のご当地カレーです。
名産のポンカンを使用した個性的なカレーで、糖度の高いポンカンをピューレ状にして合わせることで、コクのあるルーに仕上がっています。
また、見た目は普通のカレーですが、口に含むとポンカンの甘酸っぱい爽やかな酸味が広がります。
特産のちりめん入りコロッケを添えたものや、カレーうどんにアレンジしたものなども存在します。

九州の魅力的なご当地カレー③大村あま辛真っ黒!カレー

大村あま辛真っ黒!カレーは、長崎・大村の歴史と文化を織り込んだご当地カレーです。
中心市街地の長崎街道は、その昔砂糖を運ぶ道であったことから、“シュガーロード”と呼ばれています。
また、大村は日本で初めて“天正遣欧少年使節”がローマに旅立った地であり、その後インドを経由して、大村に初めてカレーのスパイスを持ち込みました。
このような文化、歴史を採り入れ、砂糖の“甘い”と、スパイスの“辛い”を取って開発されたのが、この大村あま辛真っ黒!カレーです。
名前の通り見た目は真っ黒で、フルーティな甘さと、後から追いかけてくるようなスパイシーさが交わって、絶妙な風味を生み出しています。

まとめ

ここまで、九州の魅力的なご当地カレーをいくつか紹介しました。
九州には、まだあまり知られていないご当地グルメがたくさんあるため、せっかく訪れたのであれば、いろんなグルメにチャレンジしてみることをおすすめします。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました