九州のお土産として最適な“ご当地饅頭”を紹介します

お土産として非常にポピュラーなものの1つに、“饅頭”が挙げられます。
その地域によって形も味もまったく異なる饅頭は、多くの方がもらって嬉しいと感じるでしょう。
今回は、九州のお土産として最適な“ご当地饅頭”をいくつか紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

九州のお土産として最適なご当地饅頭①草木まんじゅう

草木まんじゅうは、福岡・大牟田市を代表する銘菓です。
明治後期に大牟田市の草木地区で発祥したことが理由で、現在の名前になっています。
黄土色の薄皮で包んだ蒸し饅頭で、中には滑らかな白餡がぎっしりと詰まっており、手軽に食べやすい一口サイズであるところも魅力です。
また、地元では、お茶漬けとしても日常的に食べられています。

九州のお土産として最適なご当地饅頭②ミルク抹茶トリュフお茶まん

ミルク抹茶トリュフお茶まんは、福岡・八女市のご当地饅頭です。
茶花をイメージした小さく丸い形の饅頭を割ると、鮮やかな緑色をしたお茶餡が現れます。
お茶餡には、奥八女の朝摘み茶葉の抹茶を使用し、お茶本来の持つ苦味をしっかりと引き出しています。
また、皮は少し洋風で、一口食べるとほんのり洋菓子の味もする、新しい感覚の和菓子です。

九州のお土産として最適なご当地饅頭③石垣饅頭

石垣饅頭は、熊本のご当地饅頭です。
小麦粉の生地に、ゴロゴロとした角切りのさつまいもを混ぜ合わせて蒸した皮が特徴です。
皮や餡には添加物を使用しておらず、ふかふかとした食感で、素朴でほんのり甘い味わいは、地元で長く親しまれています。
ちなみに、見た目のゴツゴツ感が石垣を連想させることが名前の由来です。

九州のお土産として最適なご当地饅頭④栗満天

栗満天は、鹿児島の老舗“とらや”が販売するご当地饅頭です。
柔らかく甘露煮にして蜜に浸し、旬の風味を閉じ込めた栗を、上白生餡と手亡生餡、砂糖で練り上げた白餡に包み、さらに生地で包んで焼き上げたものです。
極大粒の栗と白餡の上質な甘さがバランス良く、大きめのサイズながらあっさりと食べられます。
また、表面に黒砂糖風味の羊羹をあしらっており、少し贅沢な装いのため、進物菓子としてもおすすめです。

まとめ

ここまで、九州のお土産として最適なご当地饅頭をいくつか紹介してきました。
当店貴月では、餃子や豚足、手羽先やもつ鍋など、九州で味わうべきグルメとして最適なものを数多く提供させていただいております。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました