九州地方で食べられる・購入できる大豆製品を紹介します

栄養価が高く、さまざまな方に食べられている大豆は、国民的な食材と言っても過言ではありません。
また、大豆はあらゆる形に姿を変え、私たちを飽きさせない食材でもあります。
今回は、九州地方で食べられる、または購入できる大豆製品をいくつか紹介したいと思います。

九州地方で食べられる・購入できる大豆製品①あしかり豆美人 豆乳麺

あしかり豆美人 豆乳麺は、佐賀で購入できる大豆製品です。
地元芦刈産の大豆である“フクユタカ”から絞った豆乳をたっぷりと練り込んだ麺で、コシがあり、ツルツルとした食感で、ほのかな甘みもあります。
そうめんのつゆで食べたり、パスタソースを絡めたり、釜揚げうどん風にしたりしても、美味しくいただけます。

九州地方で食べられる・購入できる大豆製品②黒豆甘納豆 黒甘太

黒豆甘納豆 黒甘太は、佐賀の大豆製品で、厳選した国産の丹波黒大豆を、丁寧に炊き上げて作られています。
タンパク質やカルシウム、ビタミンB1、B2、食物繊維など、身体に必要な栄養素がバランス良く含まれており、甘さは控えめです。
ちなみに、この商品を製造・販売する“光武製菓”では、よりしっとりとした“甘さほんのり甘納豆”の製造・販売もしています。

九州地方で食べられる・購入できる大豆製品③秘伝豆酩

秘伝豆酩(ひでんとうべい)は、熊本の大豆製品です。
上質の大豆、阿蘇の伏流水、天然にがりで作った自家製の堅豆腐を、特注の秘伝豆酩専用のもろみに5ヶ月以上漬け込んだもので、まったりとした味わいはまるでチーズやウニのようです。
お酒のお供に最適なのはもちろん、芳醇なコクは炊き立てご飯との相性もバッチリで、調味料としてドレッシングやパスタソースなどに入れることもできます。

九州地方で食べられる・購入できる大豆製品④ごどうふ

ごどうふは、佐賀・有田の名物です。
豆乳ににがりを入れて固める一般的な豆腐とは違い、でんぷんや葛などで固められています。
中でも“久保田岩雄商店”のごどうふは、トロリとした滑らかさ、モチモチとした柔らかな食感を最大限に活かすため、葛を一切使わず、でんぷんのみで長時間、豆乳に練り込んで仕上げていきます。
また、ゴマと佐賀の老舗醤油店のしょうゆを使った自家製のタレが、より美味しさを引き立てます。

まとめ

ここまで、九州地方で食べられる・購入できる大豆製品を紹介してきました。
当店貴月でも、わさび納豆やヘルシー豆腐サラダ、天使の海老湯葉巻揚など、さまざまな大豆料理を提供させていただいております。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました