変わったお土産を買いたい方必見!九州の新感覚スイーツ

お土産で家族や友人を楽しませたい方、あるいは何度も九州に訪れ、王道のお土産を買い尽くしたという方は、変わったお土産を買いたいと考えるでしょう。
今回は、そんな方々に向けて、九州の新感覚スイーツをいくつか紹介します。
どれも変わったものばかりなので、ぜひお土産にどうぞ。

九州の新感覚スイーツ①梅どら

梅どらは、福岡・大宰府天満宮の参道に本店を構える“天山”の人気商品です。
北海道産の白いんげん豆“手亡豆(てぼまめ)”で作られた餡には、梅肉と青紫蘇が練り込まれており、爽やかな酸味とやさしい甘さを堪能できます。
また、ぎっしり餡が詰まっているため、食べ応え十分ですが、後味がスッキリしているため、飽きることなく食べ続けられます。

九州の新感覚スイーツ②阿蘇とまとろーる

阿蘇とまとろーるは、熊本・阿蘇の新感覚スイーツです。
トマトの高級品種であり、リコピン、ギャバを豊富に含んだ“ももたろうエイト”をふんだんに使用したロールケーキで、材料や工程にこだわっているため、1日にわずか10個しか販売されません。
また、トマトだけでなく、卵や水も地元のものを使用しています。

九州の新感覚スイーツ③アスパラプリン

アスパラプリンは、長崎・南島原市深江町にある洋菓子店“ガトーフリアン”で販売されている、地元産アスパラガスを使用したオリジナルプリンです。
雲仙普賢岳の噴火で被災した旧深江町の農家が、当時の商工会に対して、「復興のため、新しい特産品で何かできないか」と持ちかけ、試行錯誤した結果誕生したのが、このアスパラプリンです。
ガトーフリアンは、「今後も地元の特産品で使えるものがあれば、どんどん使っていきたい」と話しています。

九州の新感覚スイーツ④かぼ酎ケーキ

かぼ酎ケーキは、大分の代表的な和菓子である“関さば最中”、“関あじ最中”を製造する“高橋水月堂”の自信作です。
大分県産のかぼすと焼酎を練り込んだ大人のカップケーキで、爽やかなかぼすの香りとリキュールが効いており、それでいて甘さは控えめです。
老舗和菓子店が手掛けたスイーツというだけあって、かぼすの風味をうまく引き出した美味しい味に仕上がっています。

まとめ

ここまで、九州の新感覚スイーツをいくつか紹介してきましたが、いかがでしたか?
当店貴月では、九州地方の王道ご当地料理から新感覚の料理まで、幅広いラインナップのメニューを取り揃えております。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました