辛い物好きの方が九州に訪れたらチェックすべきお土産

どこに旅行に行っても、必ず辛い食べ物はチェックしているという方は、決して少なくないと思います。
今回は、そんな辛い物好きの方が、九州に訪れたらぜひチェックすべきお土産をいくつか紹介します。
辛い物をお土産として頼まれているという方も、ぜひチェックしてみてください。

辛い物好きの方が九州に訪れたらチェックすべきお土産①激辛道場からしたかな

激辛道場からしたかなは、熊本・阿蘇のお土産です。
昭和51年の創業以来、美味しさにこだわった阿蘇の高菜漬けを作り続けてきた“健蔵”が製造、販売する激辛の高菜漬けで、「思いっきり効かせた」という唐辛子でほんのり赤く染まっているのが特徴です。
また、基となる高菜漬けは、地元の素材を使用し、昔から受け継いだ製法で丁寧に仕込まれた一品であるため、味は折り紙つきです。
そのまま白米に乗せて食べるだけでなく、炒飯や豚肉といった炒め物に使うと、より一層辛さが増します。

辛い物好きの方が九州に訪れたらチェックすべきお土産②いわし明太

いわし明太は、福岡市東区にある“中島商店”が初めて作り上げたと言われている魚製品です。
新鮮なイワシの腹に良質な明太子(バラ子)をぎっしり詰め込んだもので、今や福岡を代表するお土産の1つになっています。
丁寧に下処理がされたイワシは、一晩寝かせることで風味が熟成され、軽く炙ることで、内側はレア状態の明太子、外側は脂の乗った香ばしいイワシという絶妙なハーモニーが楽しめます。
イワシの身をほぐしてピリ辛の明太子と食べれば、ご飯のお供にも酒の肴にも最適です。

辛い物好きの方が九州に訪れたらチェックすべきお土産③激マカロン

激マカロンは、熊本・阿蘇のお土産です。
菓子屋“たのや”のオーナーが、客の驚きと笑顔を想像しながら作り上げた自信作であり、アーモンドと韓国産唐辛子を練り込んで焼き上げた皮に、ハバネロ入りの発酵バタークリームがサンドされています。
お土産としては話題性抜群であり、辛いだけでなく、しっかりとした旨みもあり、アーモンドの香ばしさと芳醇なバタークリームの味わいを楽しめるところも魅力です。

まとめ

ここまで、辛い物好きの方が九州に訪れたらチェックすべきお土産を紹介してきましたが、いかがでしたか?
どれも辛さと美味しさを両立させており、インパクトがある商品ばかりのため、お土産としてのクオリティは非常に高いと言えるでしょう。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました