九州に来たら購入したい、チーズをふんだんに使用したお菓子

チーズに目がないという方は、どこに訪れてもチーズを使用したお菓子が気になることでしょう。
九州=チーズというイメージはあまりないかもしれませんが、実際九州地方には、チーズをふんだんに使用した美味しいお菓子がたくさんあります。
いくつか紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

チーズをふんだんに使用した九州地方のお菓子①ゴールデンチーズケーキ

ゴールデンチーズケーキは、大分の“ガンジー牧場”が作っているお菓子です。
“ガンジー牛乳”は、イギリス、ガンジー島産のガンジー種という牛からとれる牛乳で、搾乳量が非常に少なく、とても希少です。
その牧場自慢の濃厚なガンジー牛乳から作ったチーズを主原料にしたゴールデンチーズケーキは、モッチリと濃厚なチーズで、きめ細やくしっとりした口当たりが特徴です。
牧場内のショップでも大人気の商品のため、ぜひ一度チェックしてみてください。

チーズをふんだんに使用した九州地方のお菓子②幸せのチーズケーキ

幸せのチーズケーキは、自家製メニューにこだわる佐賀の”有田テラス“が提供するお菓子です。
クリームチーズと卵をたっぷり使ったチーズケーキで、チーズの風味は濃厚ながら、口の中に入るとさらっと溶けるように姿を消していきます。
また、口内でふんわりと優しく香る後味も抜群で、コーヒーなどと一緒にゆっくり食べるのがおすすめです。
ちなみに、こちらの商品はすべて手作りのため、1日10個の限定販売となっています。
訪れた際は、ぜひとも味わいたい逸品ですね。

チーズをふんだんに使用した九州地方のお菓子③17歳のチーズまんじゅう

17歳のチーズまんじゅうは、佐賀でユニークなネーミングの和洋菓子を創作する“御歌屋菓子舗”の人気No.1商品です。
ビスケット生地にクリームチーズを包んで焼き上げ、青春の甘酸っぱさを表現していることから、この名前が付いています。
ちなみに、御歌屋菓子舗は、クッキー生地に生のホワイトチョコを入れて焼いた“3歳のがきんチョコ”や、嬉野抹茶を練り込み、大納言かのこを散らした、アーモンドとバターの香りが豊かなフィナンシェ“二十歳のめぐり逢い”など、他にもユニークな名前のお菓子を多数販売しています。

まとめ

ここまで、チーズをふんだんに使用した九州地方のお菓子をいくつか紹介してきました。
当店貴月でも、“ギョザニア”や“とろ~りカマンベールチーズフライ”など、チーズをふんだんに使用したメニューを提供させていただいております。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました