九州地方の美味しい“ご当地どんぶり”を紹介します

皆さんは、どんぶりをかき込んで食べるのはお好きですか?
福岡を含む九州地方には、魅力的なご当地どんぶりがたくさんあるため、観光に訪れた際には、ぜひ食べていただきたいと思います。
今回は、中でも特におすすめのご当地どんぶりをいくつか紹介しましょう。

九州地方の美味しいご当地どんぶり①のっけ飯

のっけ飯は、福岡の北九州・門司・小倉エリアのご当地どんぶりです。
マグロやいくら、うに、とろろなどが、これでもかと乗った贅沢な海鮮丼です。
また、ご飯に乗っている海鮮は、1つ1つが非常に美味しく、決してボリュームがあるだけではありません。
ちなみに、小倉のまぐろ料理専門店である“気晴れ屋”は、特に美味しいのっけ飯を提供するお店として有名です。

九州地方の美味しいご当地どんぶり②有田丼

有田丼は、こだわり食材と“有田焼”がコラボした、佐賀県のご当地どんぶりです。
町の有志とフードコーディネーターが開発したどんぶりで、基本は地元の食材である“有田の棚田米”、“ありたどり”、有機野菜を使用した照り焼き丼、親子丼、そぼろ丼ですが、各店舗が得意の味付けとアレンジで提供するものとなっています。
どんぶりに有田焼が使用されているため、見た目も非常に豪華です。

九州地方の美味しいご当地どんぶり③温たまらん丼

温たまらん丼は、鹿児島・指宿のご当地どんぶりです。
温泉たまごを利用した“美味しくてたまらないどんぶり”から由来して、温たまらん丼という名前が付いています。
地元の養鶏場で生産された“さつま芋卵”を使用し、他の具材には、黒豚や和牛、うなぎ、オクラ、海鮮などさまざまなものが使用されます。

九州地方の美味しいご当地どんぶり④ひゅうが丼

ひゅうが丼は、大分・津久見のご当地どんぶりです。
津久見市保戸島は、遠洋マグロ漁の基地として知られ、その港から遠洋漁業に出る漁師がまかない料理として作っていたのが、このひゅうが丼です。
魚にはブリやサワラ、アジなどが使用され、途中からはお茶をかけ、お茶漬けにして楽しむことができます。
保戸島では、祝い事があればひゅうが丼を作るというほど、一般的な郷土料理となっています。

まとめ

ここまで、九州地方の美味しいご当地どんぶりをいくつか紹介してきました。
当店貴月でも、豚足や手羽先、もつ鍋など、福岡に来たら堪能するべき美味しいご当地グルメを多く提供させていただいております。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました