九州福岡おみやげグランプリ2019を受賞したお菓子を紹介!

九州福岡のおみやげ発掘、情報発信、ブランド化を目的として、毎年開催されている“九州福岡おみやげグランプリ”。
今回は、応募総数3280もの商品から選ばれた、九州福岡おみやげグランプリ2019受賞のお菓子をいくつか紹介したいと思います。
気になる商品があれば、ぜひ購入してみてください。

九州福岡おみやげグランプリ2019受賞のお菓子①kyunancier(キュナンシェ)

kyunancier(キュナンシェ)は、5種類の九州産の果実を使用した、フィナンシェの詰め合わせです。
福岡の洋菓子屋さんである“ストロベリーフィールズ”が販売する自信作であり、福岡産のあまおう、熊本産の和栗、阿蘇産のブルーベリー、鹿児島産の安納芋、宮崎産の日向夏が使用されています。
特に、あまおうフィナンシェは非常に人気で、一口食べると、あまおうとバターの芳醇な香りが口いっぱいに広がります。

九州福岡おみやげグランプリ2019受賞のお菓子②いちじくバターサンド「夢果菓」

いちじくバターサンド「夢果菓」は、福岡の“Frau Atsuko Kayasina”で販売されているお菓子です。
福岡県産のいちじくである“とよみつひめ”を、沖縄県南大東島産の香り高いラム酒に漬け込み、濃厚なバタークリームと合わせて作られています。
贅沢かつ芳醇な味わいが特徴で、冷やすとさらに美味しさが増します。

九州福岡おみやげグランプリ2019受賞のお菓子③博多こいし

博多こいしは、福岡市南区のケーキファクトリー“ルセット・マリナ”で製造・販売されているお菓子です。
博多の街に語り継がれる“博多織”の五色献上をイメージした、卵不使用のソフトクッキーで、上品な見た目が特徴です。
フレーバーには、徳島の上質な砂糖を使用した“和三盆”、八女の抹茶を使用した“抹茶”、程良い甘みと香ばしい香りの国産大豆を使用した“黄粉”、紫薩摩芋を使用した“紫芋”、いちごミルクのような甘酸っぱさの“いちご”の5種類があります。

九州福岡おみやげグランプリ2019受賞のお菓子④鶏卵素麺 ひねり

鶏卵素麺 ひねりは、福岡市中央区の“松屋利右衛門”が製造・販売する、一風変わったお菓子です。
昔ながらの製法を基本に、吟味を重ねた素材を使用しており、鶏卵素麺を作る際にひねりを加え、適度に糖蜜を絞って作られています。
抹茶やコーヒー、紅茶などと合わせて食べたい一品です。

まとめ

ここまで、九州福岡おみやげグランプリ2019受賞のお菓子を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
これらのお菓子は、今後福岡を代表するようなお菓子になる可能性があるため、ぜひ1度購入することをおすすめします。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました