【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州の魅力が詰まった駅弁

九州の味を堪能するグルメ旅は、現地で美味しいB級グルメや郷土料理を食べたら終わりではありません。
帰りの電車や新幹線などで“ご当地駅弁”を食べてこそ、初めてグルメ旅は完結します。
ここからは、九州の魅力が存分に詰まったおすすめの駅弁をいくつか紹介したいと思います。

博多玄海弁当

博多玄海弁当は、福岡の駅弁です。
主に博多駅で購入することができます。
九州のあらゆる海の幸が堪能できる駅弁で、さまざまな魚介類のイラストが描かれたパッケージが目印です。
かしわ飯と白米の両方が入っていて、おかずには鶏の唐揚げやエビフライなど、メジャーなものの他、がめ煮や明太子、サワラやサザエのつぼ焼きなど、九州を感じさせるものも多く入っています。
とても豪華なラインナップですね。
ビールや日本酒などのお酒と一緒に食べるのもおすすめなので、見かけた際にはぜひ一度お試しください。

レモンステーキ弁当

レモンステーキ弁当は、長崎の駅弁です。
佐世保駅の“あごだしうどん匠庵”が販売している駅弁で、白い掛け紙を外すと、香ばしい匂いとともに、爽やかなレモンの香りが漂います。
中には、脂の乗ったステーキ肉がご飯の上にギッシリ並べられていて、とても食欲をそそります。
九州産の黒毛和牛を薄切りにし、自家製のレモンソースで仕上げたステーキを一口食べれば、たちまち至福のひと時が訪れます。
また、駅構内のうどん店の厨房で作られているため、出来立てを味わえるというのも魅力の1つです。

日向鶏べんとう

日向鶏べんとうは、宮崎の駅弁です。
宮崎の地鶏・日向鶏を使用したチキン南蛮、鶏の直火焼きという2つのソウルフードを楽しめる、なんとも贅沢な一箱です。
優しい甘酢のかかったチキン南蛮は、もちろんタルタルソース付きであり、ボリューミーながらペロリと完食できる美味しさに仕上がっています。
また、鶏の旨みと香ばしさのバランスが絶妙な炭火焼きは、ついついお酒と合わせたくなる味付けです。
ちなみに、デザートとしてマンゴープリン味の寒天寄せもついているため、宮崎の王道グルメを一度に味わいたいという方は、ぜひ一度購入してみましょう。

まとめ

ここまで、九州の魅力が詰まった美味しい駅弁を3つ紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
駅などの売店に訪れると、魅力的な駅弁が多く、どれを購入しようか迷ってしまうかと思いますが、そのときは思い切って複数個購入することをおすすめします。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました