九州に来たら1度堪能していただきたい海産物を紹介します

あらゆる街で、魅力的なグルメが提供されている九州地方。
中でも、海産物は非常に多くの種類があり、どれも観光客を魅了してくれるものばかりです。
ここからは、九州に来たらぜひ1度堪能していただきたい海産物を紹介しますので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

九州に来たら堪能していただきたい海産物①朝日蟹

朝日蟹は、鹿児島の特産品であり、艶やかな色と形が特徴です。
県外の方にも非常に人気で、活魚輸送が難しいため、お土産向けや旅館用には、主に冷凍して提供されます。
南海の暖流で育てる味は上品な甘さを含み、北海道等で獲れるカニ類とはまた一味違う味わいです。
身も多く、高級品として親しまれています。

九州に来たら堪能していただきたい海産物②城下かれい

城下かれいは、大分・日出町にあった“日出城址”を望む、城下の付近の海域で獲れるマコガレイです。
別府湾で湧く真水と海水によって育まれたマコガレイは、形が丸々として頭が小さく、臭みのない、身の締まった淡泊な味わいをしています。
刺身にすると、美しい純白の光沢があり、コリコリとした歯触りが楽しめます。

九州に来たら堪能していただきたい海産物③鎮西アワビ

鎮西アワビは、養殖が盛んな佐賀の唐津市鎮西町で養殖されているアワビです。
1~2年もので直径5~6cm程度の一口サイズであるため、“一口アワビ”とも呼ばれています。
小ぶりながらも濃厚な味わいを持ち、塩水のみでも美味しく食べられます。
また、刺身にする際は、殻を直前に外すことで、凝縮された味と弾力のある食感を思う存分堪能できます。

九州に来たら堪能していただきたい海産物④壱岐のウニ

壱岐のウニは、玄界灘に浮かぶ長崎・壱岐の名物です。
美しい海で豊富な海藻を食べて育った壱岐のウニは、大粒で身が締まっており、プリッとした舌触りをしています。
また、甘みが強く濃厚で、1粒1粒がしっかりとした深い味わいを持っています。
地元の海女さんには、生ウニと醤油だけで炊き込んだ“ウニ飯”、生ウニを熱いご飯の上に乗せて醤油を垂らした“ウニ丼”と、シンプルな調理法でよく食べられています。

まとめ

ここまで、九州に来たらぜひ堪能していただきたい海産物をいくつか紹介しましたが、いかがでしたか?
当店貴月でも、その時々に応じて内容が変わる刺身の盛り合わせなど、魅力的な海産物をいくつも提供させていただいております。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました