【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州の魚を使った豪華なグルメ3選

九州はさまざまな魚や貝、甲殻類などが獲れることで有名ですが、これらは各エリアにおいて、いろいろな形で提供されています。
中には、旅のメインとなるような豪華な料理もあるため、その料理を目当てに訪れるのも良いでしょう。
今回は、九州の魚を使用した、豪華なグルメを紹介します。

太刀魚丼

太刀魚丼は、熊本のご当地グルメです。
熊本西部に位置する八代海(不知火海)は魚介類の宝庫であり、波が穏やかで温暖な気候の内海は海水中の養分が豊富で、極上の太刀魚が育ちます。
その太刀魚を天ぷらにし、アツアツのご飯に乗せ、上からタレをかけたものが太刀魚丼で、サクッとした衣の中はふんわりとろけるように柔らかいです。
また、作り手の工夫によって作られる醤油ベースの甘辛いタレが、淡白でクセのない身の味わいをより引き立たせてくれます。

はもしゃぶ

はもしゃぶは、大分のご当地グルメです。
大分では、山国川の恵みを受ける豊前海をはじめ、大分近郊の海で獲れる美味しいハモが味わえます。
その味は関西で獲れるものにも負けていません。
そんな料理人によって丁寧に骨切りされたはもを、数秒出汁にくぐらせて食べるのがはもしゃぶです。
ポン酢につけて頬張れば、まずその柔らかさに驚き、その後に広がる上品な甘みに驚きます。
生でも食べられる身をあえてしゃぶしゃぶにし、旨みを閉じ込めて食すという、なんとも贅沢な料理です。

生ウニ丼

生ウニ丼は、長崎・壱岐のご当地グルメです。
福岡と対馬の中間に位置する壱岐島は、玄界灘に面し水産資源に恵まれています。
ここで獲れるウニを使った丼が生ウニ丼で、“海士(あま)”と呼ばれる男性の潜り手が良く食べていたという、シンプルながら贅沢な料理です。
壱岐では“生ウニのぼっかけ丼”とも呼ばれています。
ムラサキウニや、より濃厚な香りと旨みを持つアカウニなどの身をご飯に乗せ、刻み海苔とワサビを添えれば出来上がりです。
鮮やかな黄金色、口の中に広がるトロリとした食感、濃厚な香りと旨みは新鮮であるがこそのもので、特製のタレをかけて食べると、ウニの甘みがより引き立ちます。
ウニ好きの方が食べない手はありません。

まとめ

ここまで、九州の魚を使用した豪華なグルメを紹介しましたが、気になるものはありましたか?
九州の魚介類はとても新鮮であり、その美味しさはいつでも観光に訪れる方の心を鷲掴みにしてくれます。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました