【福岡の居酒屋スタッフブログ】福岡で食べたい変わった麺料理3選

福岡の麺料理といえば、全国的に有名な“博多ラーメン”や“長浜ラーメン”が挙げられます。
もちろん、これらが魅力的なご当地グルメであることは間違いありませんが、他にも味わっていただきたい麵料理はまだまだあります。
ここからは、少し変わった福岡の麵料理を3つほど紹介したいと思います。

博多やりうどん

博多やりうどんは、福岡のご当地グルメがさらに進化したものです。
博多はうどん発祥の地として知られ、柔らかい“博多うどん”は地元民のみならず、観光客の方にも人気の名物料理となっています。
そんな博多うどんにおけるポピュラーなトッピングに“ごぼう天”が挙げられますが、器からはみ出るほど長くしたごぼう天が乗っているのが、博多やりうどんです。
長すぎるごぼう天がまるで槍のように見えるのが名前の由来で、食べ応えは抜群です。
天神や福岡空港などで食べることができるため、福岡を訪れるときは要チェックですね。

ラーソーメン

ラーソーメンは、天神や博多エリアを中心に数店舗を展開する創作居酒屋である“ふとっぱら”が提供する麵料理です。
ラーメンをそうめんのように食べる創作麵料理で、ツルツルの細麺を甘い醤油ベースのツユにつけて食べます。
元々は地元民の中でも、知る人ぞ知るマイナー料理だったのですが、近年ジワジワと人気が高まり、今や福岡の隠れ名物としての地位を確立しつつあります。
また、ラーソーメンは博多ラーメン同様、替え玉をすることができ、サッパリしているため、お酒を飲んだ後でもスルスルとお腹の中に入っていきます。

博多拉担麵

博多拉担麵は、ラーメンと担々麺をドッキングさせた福岡の麺料理です。
博多ラーメンを始めとする九州のラーメンは豚骨スープが基本ですが、博多拉担麺は豚、鶏といった動物系のスープを一切使用せず、ネギやタマネギ、ニンニクなどの香味野菜から抽出したスープをベースに、ゴマペーストと熟成醤油ダレで仕上げています。
福岡を中心にチェーン展開している“まるたん”で食べることができ、豚骨ラーメンが当たり前という文化の中でも、不動の人気を誇っています。
ヘルシーながらまろやかでコク深い味わいは、時間を割いてでも体験する価値アリです。

まとめ

ここまで、福岡の一風変わった麺料理を3つ紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
これらのご当地グルメを1つでも多く知っておくことで、福岡というエリアをより深く堪能することができます。
福岡市南区でラーメン屋をお探しの方は、麺や貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました