【福岡の居酒屋スタッフブログ】福岡の魅力的な洋菓子

福岡といえば、やはり明太子やラーメン、もつ鍋などのグルメが有名ですよね。
また、あまりイメージはないかもしれませんが、実は福岡には、若い世代の方に好まれるような美味しいご当地洋菓子もたくさんあります。
今回は、若い世代の方に向けて、福岡の魅力的な洋菓子をいくつか紹介したいと思います。

あまおう苺チョコクッキー

あまおう苺チョコクッキーは、王道ともいえる福岡のご当地洋菓子です。
福岡産のあまおうをたっぷり使用し、チョコレートと一緒に包み込んだクッキーで、福岡のお土産として、年々売上は拡大しています。
サクサクとした食感と、突き抜けるような爽やかな苺の香り・風味が絶妙なハーモニーを奏でる逸品ですね。
また、クッキーとしてはとてもボリューム感があり、甘いもの好きの方であれば、必ず満足していただけると思います。

博多きゃらまん

博多きゃらまんは、白餡にキャラメルを加えたクリーム餡が入った、洋風の饅頭です。
中には刻んだアーモンドも入っていて、心地良い香ばしさもプラスされています。
ひとたび口の中に入れると、どこか懐かしいキャラメルの風味が漂い、しっとりとした食感のため、何個でも食べたくなります。
また、味はやや濃厚のため、ミルクなどと一緒に食べるとより美味しさが増しますね。
ちなみに、この博多きゃらまんは、“九十九島グループ”が手掛けるブランド“赤い風船”のスイーツで、赤い風船は1968年にオープンしたケーキ屋さんがもとになっています。

ロイヤルのスイートポテト

ロイヤルのスイートポテトは、福岡生まれの美味しいスイートポテトです。
“ロイヤル”は、福岡空港から第一便が飛んだ1951年に機内食搭載と売店を始め、その後スイートポテトはキャビンアテンダントやパイロットを中心に人気となりました。
豊かな風土で育った鹿児島・長島町産のブランド芋“長島紅美人”を100%使用し、保存料や着色料は一切使わず、素材本来の味・色・風味を大切にしています。
また、冷蔵庫から出して室温に戻し、しっとりした状態(約20~23℃)になれば食べ頃で、こうすることでバターが程良く柔らかくなり、なめらかな口当たりを堪能できます。

まとめ

ここまで、福岡の魅力的な洋菓子を3つほど紹介してきましたが、何か気になるものはありましたか?
今回紹介したものは、若い世代の方、特に女性が多い職場などにお土産として買って帰れば、喜ばれるものばかりです。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました