【福岡の居酒屋スタッフブログ】観光の際に味わいたい九州のご当地グルメ

九州地方に観光に訪れた際には、「これぞ九州」というメジャーなグルメを楽しみたいですよね。
ただ、それももちろん良いのですが、せっかくなら九州以外ではなかなか食べられないグルメにも注目しましょう。
ここからは、観光の際に味わいたい九州ご当地グルメを3つほど紹介します。

ミンチ天

ミンチ天は、佐賀のご当地グルメです。
魚のすり身にタマネギなどの野菜をみじん切りして混ぜ、パン粉を付けて挙げたものです。
ミンチ肉は一切使用していません。
佐賀県内のスーパーや、佐賀で開催されるイベントなどでは当たり前のように販売されている、まさに佐賀県民のソウルフードです。
また、お酒やご飯、パンなどさまざまな食べ物にマッチするため、アレンジレシピも多数開発されています。
食べ歩きをしたい方はぜひお試しください。

かんざらし

かんざらしは、長崎・島原のご当グルメです。
白玉粉で作った小さな団子を島原の湧き水で冷やし、ハチミツ、砂糖などで作った特製の蜜をかけています。
上品な甘さと喉越しの良さ、素朴な味付けが人気です。
原料となるもち米を“大寒の日にさらす”ことから、“かん(寒)ざらし”と呼ばれています。
また、昔はシロップに使用されるハチミツ、砂糖が贅沢品であったため、もてなし料理として振舞われていたと言われています。
島原城や武家屋敷の売店の他、市内の飲食店でも気軽に食べられるため、見つけたときはぜひ味わってみてください。

屋久島ロール

屋久島ロールは、その名の通り鹿児島・屋久島のご当地グルメです。
“凡我塔(ぼんがとう)ひらみ屋”は、天然酵母のパンとケーキを扱う老舗洋菓子店で、屋久島ロールは当店舗の人気商品です。
屋久島の旬のフルーツをふんだんに使用したロールケーキで、“あさぎり安納いもロール”、“たんかんショコラロール”、“ぱっしょんリッチロール”の3種類があります。
パッケージは、白谷雲水峡が描かれた美しいデザインのため、お土産として購入して帰るのも良いですね。
ちなみに、当店舗では、他にも“三岳レーズンパン”や“たんかんパウンドケーキ”など、個性的で美味しい商品を多数販売しています。

まとめ

ここまで、観光の際に味わいたい九州のご当地グルメを3つ見てきましたが、気になるものはありましたでしょうか?
どれも他のエリアではなかなか味わえないため、時間があればぜひ取り扱い店舗に足を運んでいただきたいと思います。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました