九州地方のお土産として買って帰りたい肉製品を紹介します

九州地方では、さまざまな肉製品が販売されており、そのどれもが抜群の美味しさを誇っています。
今回は、九州地方のお土産として、肉製品を買って帰りたいという方に向けて、おすすめの商品をいくつか紹介したいと思います。
九州に訪れる前に、ぜひチェックしてみてください。

九州地方のお土産として買って帰りたい肉製品①ドイツ絹挽きウインナー

ドイツ絹挽きウインナーは、佐賀で長年ハムやソーセージを製造している“田嶋畜産”の商品です。
鮮度の良い豚肉はもちろん、天然塩と多良岳の伏流水を使用し、保存料や合成着色料は一切使わず、安心・安全をモットーに作られています。
その理念は、本場ドイツでも認められ、2006年に行われた“SUFFA 南ドイツ食肉コンテスト”では、数々のメダルを獲得しました。

九州地方のお土産として買って帰りたい肉製品②阿蘇手造りベーコン

阿蘇手造りベーコンは、熊本にある“ひばり工房”の名物です。
桜のチップでスモークしたほのかな薫りのベーコンで、国産SPS豚(有機飼育無菌豚)である阿蘇自然豚の赤身のみを使用して作られています。
当初は、初代オーナーの趣味として、贈答品用に作られた“ハム”でしたが、それが好評だったことから、その味を守りつつ、今でも1つ1つ手造りで製造されています。

九州地方のお土産として買って帰りたい肉製品③ロシアンウインナー

ロシアンウインナーも、阿蘇手造りベーコンと同じく、ひばり工房で作られている肉製品です。
その名の通り、パックされている3本のうち、2本は赤ハバネロを原料とした“サドンデスソース”で味付けされた激辛ウインナーです。
もちろん、味は抜群ですが、ゲーム感覚で楽しみながら食べるのも面白いでしょう。

九州地方のお土産として買って帰りたい肉製品④熊本づくしウインナー

熊本づくしウインナーは、熊本・菊池市にある“自家製ハム工房 TONG TONG”が販売している商品です。
デコポン、高菜、ゴボウといった、熊本の名産品が入ったウインナーのセットで、お土産には最適です。
また、こちらの商品は、“熊本新みやげ くまもとうまかモン!21品”にも選ばれており、新お土産としての期待値も高いです。

まとめ

ここまで、九州地方のお土産として買って帰りたい肉製品をいくつか紹介してきましたが、いかがでしたか?
当店貴月で提供させていただいているメニューの中にも、“長崎雲仙ハム”などの魅力的な肉製品があります。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい!
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました