【福岡の居酒屋スタッフブログ】地元民が大好きな九州のご当地パン

皆さんが住むエリアにも、昔から地元では当たり前のように食べられている“ご当地パン”があると思います。
もちろん、九州にも、そのような地元住民に愛されるパンは存在します。
ここからは、見かけたらぜひ購入していただきたい、九州の魅力的なご当地パンを3つほど紹介したいと思います。

大きか銀チョコ

大きか銀チョコは、福岡のご当地パンです。
九州らしい可愛いネーミングであり、薄くチョコでコーティングされたコッペパンには、バタークリームのように濃厚なミルク風味のクリームが詰まっています。
九州を中心にいくつもの工場を構える“リョーユーパン”の商品で、古くから販売されているため、初めて食べる方でもどこか懐かしさを感じることができます。
ちなみに、リョーユーパンは、“マンハッタン”や“ヤキリンゴ”など、他にも地元で愛される独自のパンを多数販売しています。

シーチキンサラダパン

シーチキンサラダパンは、熊本のご当地パンです。
シーチキンと薄切りにしたキュウリなどが入ったサラダを、マーガリンが塗られたパンに乗せたものです。
サンドイッチのような感覚で食べられるパンで、ご飯にもおやつにも最適なため、非常に人気は高いです。
水俣市の“博多製菓”が販売する商品であるため、特にこの地域で育った方で知らない方はいないでしょう。
また、こちらのお店では、他にも昭和なロゴとデザインが懐かしい、地元の学生に人気のパンが多数販売されていますので、パン好きの方は一見の価値ありです。

シンコム3号

シンコム3号は、鹿児島のご当地パンです。
一次生産が途絶えていましたが、要望によって復刻されました。
鹿児島の老舗である“イケダパン”が販売する商品で、ブッセのような素朴でフカフカの生地に、濃厚で少し硬めのバタークリームをサンドしています。
こってりしているものの、甘さは意外とスッキリしていて、しつこくないのが特徴です。
鹿児島では、古くからお菓子として食べて育ったという方が多く、食べ応えもあるため、現在でも根強いファンが多く存在します。
ちなみに、“シンコム3号”という個性的な名前は、世界初の静止通信衛星の名前が由来になっています。

まとめ

ここまで、九州の魅力的なご当地パンを3つほど紹介しましたが、気になるものはありましたか?
もしこれらのパンが見つかった場合は、九州観光の移動中などにぜひ食べてみてください。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

新着情報
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました