【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州の独特なご当地ジュース

“九州=お酒”というイメージは強く、九州旅行のお土産としてお酒を購入して帰るという方も少なくありません。
ただ、お酒が飲めない方も、何か九州を感じられるような飲み物を買って帰りたいと思うはずです。
ここからは、そんな方々のために、九州の独特なご当地ジュースを紹介します。

八女和紅茶スパークリング

八女和紅茶スパークリングは、福岡のご当地ジュースです。
福岡・八女産の和紅茶を使用したサイダーで、和紅茶の上品な香りと味わいをそのままに、爽やかな飲み口で楽しめます。
レモングラス風味の“red”は優しい甘みを堪能することができ、“blue”は甘さ控えめのスッキリした飲み口です。
ちなみに、当商品を製造・販売している“古賀茶業”は、JR九州のクルーズトレイン“ななつ星”で食事用のお茶として採用されている“八女煎茶”を提供している、実績のある企業です。

セイントローズ

セイントローズは、佐賀のご当地ジュースです。
“ローズテラス”が製造・販売する商品で、高級感あるパッケージが目を引きます。
見た目は完全にワインやシャンパンに見えますが、アルコールは一切含まれていません。
世界最高とされるブルガリア産“ダマスクローズ”の花びらから抽出したローズエキスを使用していて、佐賀・天山の伏流水を使った炭酸水で仕上げています。
華やかかつ爽やかな味わいは唯一無二で、芳醇なバラの香りも楽しめます。
まさに、お酒が苦手な方が、ワインやシャンパン気分を味わうには最適の商品だと言えるでしょう。

ゆずはちみつ

ゆずはちみつは、大分のご当地ジュースです。
大分・津江地方では、古くから寒い時期になると、ゆず果汁にハチミツや砂糖を混ぜてお湯で薄めた“ゆず湯”を飲んでいました。
それに近いのが、このゆずはちみつです。
九州の高冷地域で育った香り高い柚子と、クセのない精製ハチミツ、きび砂糖、黒酢を原材料に使用しています。
柚子の風味がハチミツと程良く馴染んで、スッキリした喉越しを実現しています。
また、ホットでもアイスでも楽しめるのがこのジュースの強みで、ヨーグルトに入れたり、お酒を少し嗜む方は焼酎と割ったりすることもできます。

まとめ

ここまで、九州の独特なご当地ジュースを3つ紹介してきましたが、いかがでしたか?
九州のお土産店には、お酒が得意でない方でも購入できるドリンクがたくさんありますし、飲食店ではお酒を飲まなくても満足できるフードメニューが多く取り揃えられています。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました