【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州の美味しい日本酒・焼酎

お酒が好きな方は、“九州の日本酒・焼酎”という言葉を聞くだけでワクワクすることでしょう。
九州では地ビールや地ワインも多数製造されていますが、せっかく訪れるのであれば、やはりこだわりの日本酒や焼酎は押さえておきたいところです。
ここからは、中でも美味しいと評判の銘柄を3つほど紹介します。

はねぎ絞り

はねぎ絞りは、長崎の日本酒です。
島原半島南部の南島原は、有明海と雲仙普賢岳に囲まれた風光明媚な土地で、酒蔵“吉田屋”は、巨木を使って醪(もろみ)を手作業で絞る伝統の方法(はね木絞り)で酒造りに取り組んでいます。
この手法は、国内でもわずかな酒造メーカーにしか残っておらず、手間のかかる繊細なものです。
また、“はねぎ絞り 純米吟醸酒”は、雲仙普賢岳の伏流水と60%精白米を使用し、なでしこの花酵母で仕込んでいます。
華やかな香りとふくよかな味わいが特徴で、アルコール度数も14度と若干低いため、女性でも美味しくいただけますね。

駒は、宮崎の麦焼酎です。
芋焼酎造りが盛んな宮崎県内では珍しく、麦焼酎にこだわり続けている“柳田酒造”の代表銘柄で、厳選された九州産の二条大麦を100%用い、霧島山系の地下水を仕込み水に使用した、身体に優しい弱アルカリ性の焼酎です。
また、大麦が持つ個性が生きた端麗な味わいに仕上げるために、低温で蒸留させた後、独自の技術によって濾過、熟成を行っています。
フルーティな香りと上品な旨みが特徴で、キレのある後味も堪能することができる、実力派という言葉がふさわしい一本ですね。

杜氏潤平

杜氏潤平(とうじじゅんぺい)は、大量生産を行わず、“じっくり少量”をコンセプトに造られている宮崎の芋焼酎です。
その名の由来でもある杜氏の潤平氏が、清酒蔵で修業していた頃の経験を生かして作った特製の白麹と、大束地区で栽培された“紅芋寿”が用いられています。
古酒と新酒をブレンドせず、毎年できた分だけを瓶詰めして出荷しているもので、繊細で華やかな香りと、柔らかく上品な甘さ、そして程良い余韻を楽しめることから、全国の焼酎ファンの心を掴んで放しません。
見つけたときは、ぜひ購入してみてください。

まとめ

ここまで、九州の美味しい日本酒・焼酎を紹介してきましたが、いかがでしたか?
当店貴月でも、黒霧島や二階堂、赤兎馬や八海山など、九州グルメに合う日本酒や焼酎を多数提供させていただいております。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました