【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州の魅力的なお土産スイーツ

お土産の定番と言えば、やはり“スイーツ”が挙げられます。
各地域では、個性と美味しさを両立させた魅力的なスイーツが数多く販売されていますが、それはもちろん九州も例外ではありません。
今回は、特におすすめしたい九州の魅力的なお土産スイーツを3つ紹介したいと思います。

博多小さなチョコラ苺もち

博多小さなショコラ苺もちは、福岡のお土産スイーツです。
しっとりなめらかな苺チョコクリームと、あまおう苺ソースを餅で包み、ココアパウダーで仕上げています。
小さくて食べやすい一口サイズの餅はふんわりとした食感で、チョコレート好きにも苺好きにも喜ばれる一品です。
また、苺をイメージした可愛らしいパッケージも魅力で、中身は個別包装されているため、職場などに持っていくお土産としてもピッタリです。
土産店で見つけた際には、ぜひ購入を検討してください。

かぼすサブレ

かぼすサブレは、大分のお土産スイーツです。
地域特産のかぼす、サフランを使用した優しい味のスイーツで、自家製かぼすピールと果汁を練り込んだ生地に、サフランのアイシングが施されています。
また、独特な形状は、大分・竹田市の名所である岡城址がモデルと言われる、滝廉太郎“荒城の月”にちなんだ月をモチーフにしています。
ちなみに、販売元の“キッチンウスダ”は、大分・豊後大野市で営まれるパンとケーキのお店で、当商品の他にも、厳選素材を使って丁寧に作られたパン、ケーキ、焼き菓子が販売されています。

長崎ラスク

長崎ラスクは、名前の通り長崎のお土産スイーツです。
ラスクならではのサクサクした食感と、バターの風味が心地良い一品で、1つ1つ表面にグラニュー糖をまぶし、じっくり乾燥焼きをして作り上げられます。
ラスク用に開発されたカステラを使用していて、カステラ本来の旨みはそのままに、まったく新しいスイーツとして食べられるのが魅力です。
また、カステラは本来あまり日持ちしないものですが、ラスクにすることで1ヶ月はもつようになるため、お土産には非常に適しています。
和風の木版画がデザインされたパッケージが目印のため、見つけた際にはぜひ手に取ってみてください。

まとめ

ここまで、九州の魅力あふれるお土産スイーツを3品紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
どれも各地域ならではの特徴があり、なおかつ広い世代に評価されやすいスイーツであるため、購入しない手はありません。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました