【福岡の居酒屋スタッフブログ】個性豊かな九州うどん

九州にうどんのイメージを持っている方は少ないかもしれませんが、実はうどん伝来の地は福岡・博多だと言われています。
また、九州地方全域には、独自の進化を遂げた名物うどんが数多く存在しますので、今回はいくつかピックアップして紹介します。
九州旅行で温まりたい方は、ぜひ食べてみてください。

鱧南蛮うどん

鱧南蛮うどんは、鹿児島のご当地うどんです。
鹿児島の志布志湾は、全国でも有数のハモの漁獲量を誇りますが、地元ではほとんど消費されず、関西方面へと出荷されていました。
そこで、「もっと地元でハモを消費しよう」と、地元では“ハモ宣伝隊”が結成され、その活動の一環として誕生したのが、この鱧南蛮うどんです。
志布志産の天然ハモを素揚げにし、にんじんなどの野菜と甘酢で漬けた鱧南蛮を、たっぷりとうどんに乗せるのが特徴です。
すっきり味わえる新感覚のうどんで、甘酸っぱい南蛮漬けの酸味がアクセントになっています。

魚うどん

魚うどんは、宮崎のご当地うどんです。
うどん粉の代わりに魚のすり身を使って麺を作るというところが、最大の特徴です。
戦時中、代用食として考えられていたものが発祥だと言われており、当初はシイラの身で作られていましたが、仕上がりがよりうどんらしく、旨みがあるとして、徐々にトビウオの身が使われるようになっていきました。
現在でも、宮崎・日南市で毎月開かれる“港あぶらつ朝市”で食べることができ、魚の旨みが直で味わえるため、お年寄りから子どもまで、老若男女問わず好評を得ています。

米粉うどん

米粉うどんは、熊本のご当地うどんです。
美味しい米の産地として知られる熊本では、県産米粉の普及、推進への取り組みが行われており、新しい食べ方の1つとして、米粉うどんが提案されています。
湯気とともに優しい米の香りが漂い、口に含むとツルツル、モチモチの食感で、米ならではほんのりとした甘みが広がります。
熊本の飲食店では、アツアツの“米粉釜揚げうどん”の他、丸天、卵、わかめなどのトッピングを乗せた米粉うどんを味わうことができます。
また、地元の山鹿和牛を甘辛く煮て乗せた“米粉肉うどん”も、非常に観光客に人気があります。

まとめ

ここまで、個性豊かで魅力的な九州うどんをいくつか紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
当店貴月でも、個性豊かな九州の一品料理、揚げ物などを多数提供させていただいております。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました