【福岡の居酒屋スタッフブログ】豪快にかき込みたい九州の丼

男性であっても女性であっても、豪快に丼をかき込んで食べるのが好きだという方は多いでしょう。
口の中がお米とそれにぴったりの食材でいっぱいになる時間は、何も代えがたい幸せな時間です。
九州地方には、そんな丼好きの方にぴったりの“ご当地丼”が数多くありますので、中でも特におすすめの丼を紹介しましょう。

とりこどん

とりこどんは、佐賀・鳥栖市のご当地丼です。
九州新幹線新鳥栖駅開業を記念に名物料理となったとりこどんは、鳥栖市内の数十店舗で食べることができます。
地元の鶏肉と卵を使っていること以外は、提供される店舗によって特徴が異なり、中華風や洋風など、さまざまな形のものが提供されています。
鳥栖市に訪れたら、店舗ごとに違うこだわりの味をぜひ楽しんでください。

中津からあげ丼

中津からあげ丼は、から揚げの聖地である大分・中津市のご当地丼です。
大分の郷土料理である鶏めしの上に、ボリューム満点の中津唐揚げがこれでもかとトッピングされた、なんとも豪快な一品です。
から揚げの特徴は、店舗によって違いがありますが、醤油に生姜、ニンニクなどの薬味を加えたタレに漬け込んだ鶏肉を使用する場合が多いです。
大分の魅力がギュッと詰まっており、味わって損することはまずありません。

背白ちりめん三昧丼

背白ちりめん三昧丼(せじろちりめんざんまいどん)は、鹿児島のご当地丼です。
志布志湾で水揚げされる背白ちりめんを、釜揚げ、かき揚げ、きんぴらという3種類の方法で調理してご飯に乗せた、しらす好きにはたまらない一品です。
また、柚子胡椒を隠し味にした出汁が、あらゆる方法で調理された背白ちりめんの美味しさをさらに引き立ててくれます。

志布志黒豚三昧丼

志布志黒豚三昧丼(しぶしくろぶたざんまいどん)は、こちらも鹿児島のご当地丼です。
一昼夜漬け込んだ黒豚の角煮と、やや炙りの黒豚を贅沢に使用し、地元産の玉子をトッピングした“ザ・ガッツリ系”の丼です。
また、隠し味に特製のだし汁がかかっており、それが全体の味を絶妙に整えてくれています。
過去には、“全国ご当地どんぶり選手権”で本戦に出場したこともあるため、その味の良さは折り紙付きです。

まとめ

ここまで、豪快にかき込みたい九州の丼をいくつか紹介してきましたが、気になるものはありましたか?
九州地方の飲食店や居酒屋には、他にもまだまだガッツリ食べられるご当地グルメがたくさんあります。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました