九州地方のお土産に最適な美味しいお菓子を紹介します!

九州地方の各県に訪れるのであれば、その県の有名なお菓子をお土産として買って帰りたい方は多いでしょう。
今回は、九州地方に訪れた際、お土産として買って帰れば、多くの方に喜ばれるお菓子をいくつか紹介します。
気になるものがあれば、ぜひ購入してみてください。

九州地方のお土産に最適な美味しいお菓子①かんころ餅

かんころ餅は、長崎のお菓子です。
地元で生産される良質のさつまいもを薄く輪切りにし、湯がいて天日干ししたものを“かんころ”と言い、これと餅を一緒に突き合せたものがかんころ餅です。
米があまりとれなかった時代に考えられた和菓子であり、寒い時期になると今でもよく作られています。
もち米とさつまいもだけで作られているため、自然の甘味を最大限に活かした素朴な味をしています。

九州地方のお土産に最適な美味しいお菓子②小城羊羹

小城羊羹は、佐賀・小城市で生まれた銘菓です。
浅めに練り上げた羊羹を箱で一昼夜寝かせて乾燥させることで、表面の砂糖が固まって羊羹が出来上がります。
その羊羹を1本1本切り分けていたことから、“裁ち羊羹”とも呼ばれています。
昔ながらの羊羹は、シャリっとした歯触りが心地良く、素朴な甘味が懐かしさを感じさせてくれます。
また、現在でも小城市内には20軒数の羊羹店があり、“日本一の羊羹の町”の暖簾を立派に守っています。

九州地方のお土産に最適な美味しいお菓子③栗きんとん 栗九里

栗きんとん 栗九里は、栗の名産地として知られる宮崎・高千穂日之影産の栗を使って作られるお菓子です。
栗と砂糖のみを使用したシンプルな一品で、ほくほくとした食感と栗の芳醇な香りが楽しめます。
羊羹のような長さ20cmほどの細長いパッケージで、冷凍すれば長期保存することも可能です。

九州地方のお土産に最適な美味しいお菓子④いつもじ

いつもじは、福岡・久留米市にある明治8年創業の老舗和菓子店、“吉金菓子舗”から発売されているお菓子です。
もち米でできたウエハースのようなものの間に、柚子砂糖が挟まれたとても珍しいお菓子で、ウエハースには水天宮神社のお守りの文字が入っています。
上品な口当たりのため、特に年配の方に好まれ、同じく福岡の名産品である八女茶と一緒に食せば、より味わい深いものになります。

まとめ

ここまで、九州地方のお土産に最適なお菓子をいくつか紹介してきました。
当店貴月では、餃子や豚足、もつ鍋など、福岡に訪れた際食べるのに最適な料理を多数提供させていただいております。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂き

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました