【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州ならではの魚料理

地元の魚料理を食べることを目的に、九州旅行に訪れるという方も少なくないでしょう。
今回はそんな方々に向けて、九州ならではの魚料理、九州に来なければなかなか食べられない魚料理をいくつか紹介したいと思います。
気になる方はぜひチェックして、食べられるお店を探してみてください。

マグロのごんぐり煮

マグロのごんぐり煮は、宮崎・南那珂地域の郷土料理です。
南那珂地域は漁業が盛んで、古くからマグロ漁、カツオ漁を行っており、この地域ではマグロの胃袋のことを“ごんぐり”と呼んでいます。
マグロのごんぐり煮は、そんなごんぐりを砂糖、しょうゆ、みりんで甘辛く煮込んだものであり、酒の肴としても、ご飯のお供としても人気の逸品です。
新鮮なマグロでしか作ることができないとされているものであるため、マグロ漁が盛んなこの地域ならでは郷土料理だと言えるでしょう。
また、この地域では食堂や小料理屋で気軽に食べることができるため、ぜひ探してみてください。

カツオのビンタ料理

カツオのビンタ料理は、鹿児島・枕崎の名物料理です。
ビンタとは、鹿児島弁で“頭”のことを言い、カツオのビンタ料理は、カツオの頭を塩ゆでした、なんとも豪快な一品です。
また、カツオのビンタ料理と一口に言っても、カツオの頭を煮たものに、たたき、酒盗、天ぷら、酢味噌和えなどが添えられているため、メニューは多彩であり、とても手間暇のかかる料理でもあります。
地元の方にはもちろん、観光客にも人気のため、枕崎に訪れた際にはぜひ堪能したいですね。

このしろの姿寿司

このしろの姿寿司は、熊本の名物料理です。
“コノシロ”は、成長するにつれて名前が変わる出世魚であり、シンコからコハダ、ナガツミ、コノシロと成長します。
熊本は、コノシロの一大消費地であり、このしろの姿寿司は、背割り、腹割りと各家庭で作り方は違いますが、酢でしめたコノシロを丸ごと食する贅沢な料理です。
天草灘、八代海に面した地方では、正月や祝い事でよく供され、見た目のインパクトも抜群のため、魚好きの方は必ず満足する味わいとなっています。
また、すし飯の代わりに“きらす(おから)”を使った“このしろの卯の花ずし”も有名です。

まとめ

ここまで、九州に来なければなかなか食べられない、独特な魚料理をいくつか紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
当店貴月でも、手間暇かけた餃子や豚足、手羽先など、当店でしか味わえないこだわりの一品を数多く提供させていただいております。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました