【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州の各駅で購入できる魅力的な駅弁

九州地方の各駅では、観光に来た方を楽しませてくれる魅力的な駅弁が多数販売されています。
また、地元グルメをガッツリ食べたい方にとっても、お酒を飲みたい方にとっても、九州の駅弁は最適だといえます。
今回は、そんな魅力的な九州の駅弁をいくつか紹介したいと思います。
ぜひご覧ください。

明太牛たん丼

明太牛たん丼は、福岡・博多駅で購入できる駅弁です。
辛子明太子の老舗である“やまや”の商品で、ご飯にびっしり敷きつめられた牛たんの上に、高菜と明太子がたっぷり乗せられている豪華な一品です。
牛たんにはしっかり味がついていて、1枚1枚がそれほど分厚くないため、温めなくても脂っこくなく、後味さっぱりで食べやすいのが特徴です。
また、明太子は焼きと生の間のようなプチプチした食感で、濃い味付けの煮卵も入っているため、お酒のアテとしてもピッタリですね。

焼麦弁当

焼麦(しゃおまい)弁当は、佐賀・鳥栖駅の名物駅弁です。
焼麦とはシュウマイのことをいい、鳥栖の名店である“中央軒”では、昭和31年から販売を開始しています。
また、中央軒は鶏肉と一緒に炊き上げた“かしわめし”を大正2年から販売していて、こちらも名物として親しまれています。
焼麦弁当には、そんな中央軒の2大名物が贅沢に詰め込まれていて、豚の旨みがしっかり伝わるあと引く美味しさの焼麦と、鶏の旨みがしっかり染み込んだかしわめしは、大人にも子どもにも愛されています。
おかずの種類は実にシンプルですが、最後まで飽きずに食べられるでしょう。

黒豚横丁

黒豚横丁は、鹿児島・出水駅等で購入できる駅弁です。
鹿児島県内で生産・肥育された鹿児島黒豚を100%使用した、”黒豚とんこつ“、”黒豚とんかつ“、”黒豚炭火焼き“という3つの黒豚料理を味わえるのが特徴です。
調整元は、出水を拠点に鹿児島の駅弁を手掛ける老舗“松栄軒”で、特製のさつま醤油で味付けした自慢の煮物やかしわめしなど、黒豚以外にも堪能できるところが満載です。
重厚感のある黒いパッケージが目印なので、出水駅に訪れる際には、ぜひ購入してみてください。
ちなみに、当駅弁は鹿児島中央駅でも購入することが可能です。

まとめ

ここまで、九州の各駅で購入できる美味しい駅弁をいくつか紹介してきましたが、いかがでしたか?
食べることメインで九州に訪れるのであれば、やはり各地の魅力的な駅弁のチェックは欠かせませんね。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました