【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州の変わり種和菓子・洋菓子

九州のお土産と聞くと、お酒のおつまみやガッツリ系のグルメを想像する方も多いかと思います。
しかし、実は九州には、銘菓される和菓子・洋菓子が数多くあり、購入して帰ればきっと喜ばれるでしょう。
今回は、そんな銘菓の中でも少し変わったものをいくつか紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

黒ごま三景プリン

黒ごま三景プリンは、福岡・北九州市にある喫茶店“フカツコーヒー”が販売するオリジナルスイーツです。
明治19年創業の老舗“九鬼産業株式会社”の黒ごまを100%使用し、製法から品質管理に至るまで、余すことなくこだわって作られています。
“ブラストチラーショックフリーズ製法”という独自の製法により、防腐剤・保存料無添加を実現していて、層になっているプリンの食感とごまのコクは、なかなか他では味わうことができません。
ちなみに、こちらは卵を一切使用していないため、アレルギーの方も安心して食べられます。

紫芋ようかん

紫芋ようかんは、鹿児島の“菓子処 寿屋”で販売されている和菓子です。
名前の通り、紫芋を使用した練ようかんで、とても綺麗な見た目が特徴です。
程良くキレの良い甘さの中に、素朴な芋の味をほんのりと感じさせてくれるため、お茶請けにはピッタリです。
“これぞ羊羹”といった食べ応えもあり、子どもにも大人にも愛されるため、お土産として買いやすいというところも魅力です。
ちなみに、寿屋の商品には、山吹色が美しい“安納芋ようかん”もあるため、ぜひこちらもチェックしてください。

めしませコラーゲン

めしませコラーゲンは、長崎・諫早市の食事処“食楽亭”が販売する、一風変わったスイーツです。
長崎が日本一の出荷を誇るスッポンと、日本名水百選に選ばれた“轟の滝”の名水で、丁寧に作られたコラーゲンゼリーで、“食べる基礎化粧品”とも呼ばれています。
加工工程は、当店の日本料理職人の徹底的なこだわりが生んだものであり、スッポンをここまで美味しくゼリーにした商品はなかなかありません。
さまざまなフルーツの爽やかな酸味と味わいも楽しむことができ、お肌の調子や体調を整える効果もあるため、女性は特にゲットしたいところです。

まとめ

ここまで、少し変わった九州の和菓子・洋菓子を紹介しましたが、気になる商品はありましたか?
美味しさと個性を兼ね備えたお土産を購入したいという方は、ぜひ前述した商品を詳しく調べた上で、観光に訪れましょう。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました