【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州の果物を使った美味しいお菓子

九州は肉や魚、野菜といった特産品の宝庫である上に、果物の栽培に力を入れている地域も多いです。
また、九州各地では、お土産として地元の果物を使用した美味しいお菓子が開発されていて、そのどれもが個性的です。
ここからは、中でも魅力的な九州の果物を使ったお菓子を紹介します。

博多あまび

博多あまびは、福岡の果物を使用したお菓子です。
イチゴの加工販売所である“伊都きんぐ”の商品で、わらび餅の中に糸島産あまおうの果汁を練り込んでいます。
“あまおう入りわらび餅”を略したのが名前の由来です。
イチゴの味がとても濃く、まずはそのままの味わいを楽しみます。
その後、付属の練乳をかけて甘さをプラスしたら、最後にはきな粉をかけていただきます。
見た目も色鮮やかで綺麗なため、お土産として買って帰れば、喜んでもらえること間違いなしです。

晩白柚ゼリー

晩白柚(ばんぺいゆ)ゼリーは、熊本の果物を使ったお菓子です。
晩白柚は、大きさが世界一にもなると言われる柑橘系の果物で、サッパリした味と歯切れの良い果肉が特徴であり、熊本・八代地方の冬の風物詩とされています。
これをシロップ漬けにしたものをゼリーに入れ、風味付けにリキュールのトリプルセックを加えて仕上げたのが当商品です。
南国の冬の風味を夏にも食べられるようにした洋菓子で、爽やかな香りとスッキリした甘さが特徴です。
また、キンキンに冷やして食べるほか、凍らせてシャーベットにして食べるのもおすすめです。

宮崎プレミアムポップコーン

宮崎プレミアムポップコーンは、宮崎の果物を使用したお菓子です。
宮崎県産の果物のみを使用した、南国の香りが弾けるポップコーンとして、非常に注目を集めています。
マンゴーやメロン、グァバといったさまざまな果実を使用したカリカリ&サクサクのポップコーンと、濃厚なリッチミルク味のポップコーンが織りなすその味わいは、他の商品では味わえません。
また、見た目も非常にオシャレであり、テーブルに置いておくだけでも目を引きます。
容量は多いですが、ポップコーンのため重さはなく、お土産として複数個買って帰るのも苦にならない商品です。

まとめ

ここまで、九州でぜひ購入したい、地元の果物を使用したお菓子を紹介してきましたが、気になるものはありましたか?
いずれも美味しい商品であることは間違いないため、あとは好みやデザイン、価格などでどれを買って帰るのかを決めましょう。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました