【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州の絶品ご当地どんぶり

ランチにもディナーにも向いているご当地グルメの1つに、どんぶりが挙げられます。
また、どんぶりにはさまざまな食材が使用されているため、和食を食べたい方も、洋食を食べたい方も、きっとピッタリのものが見つけられるでしょう。
ここからは、九州で食べていただきたい絶品のご当地どんぶりを紹介します。

おおむた洋風かつ丼

おおむた洋風かつ丼は、福岡・大牟田のご当地どんぶりです。
かつて大牟田にあった”松屋デパート“の名物料理であり、その歴史は非常に長いです。
白いご飯の上にロースカツやチキンカツ、ビーフカツのいずれかを乗せ、とろみのあるソースで仕上げています。
また、昔ながらの雰囲気を味わうために、フォークで食べるのが基本となっています。
大牟田では、さまざまな味のおおむた洋風かつ丼を堪能することができ、提供店には専用ののぼりが設置されているため、見かけたらぜひ食べてみてください。

きむら丼

きむら丼は、熊本市の中心部にある飲食店“路地裏ごはん きむら”が提供するご当地どんぶりです。
ご飯の上に、たっぷりの馬刺しとニンニク醤油に漬けられた卵黄が乗った、なんとも熊本らしい一品ですね。
卵黄を溶かし、九州の甘口醤油をかけて食べれば、ついついお箸が止まらなくなります。
ちなみに、こちらの飲食店では、他にも手間暇かけたメニューが多数提供されています。
特に、馬刺しとウニのコラボレーションである“馬うにぎり(ばうにぎり)”は人気のため、訪れたらそちらもチェックしてみてください。

井出カツ丼

井出カツ丼は、佐賀・武雄市のご当地グルメです。
武雄市発祥の老舗チャンポン店“井出チャンポン”の本店で提供されている限定メニューで、甘めの出汁と柔らかいカツが絶妙なハーモニーを奏でます。
また、温玉を乗せて食べると、美味しさが一気に増すと評判ですね。
ちなみに、福岡空港のフードコートには、この井出カツ丼のみを提供している専門店があります。
つまり、佐賀まで行かなくても福岡で食べられるということですね。
こちらの店舗で井出チャンポンを食べることはできませんが、井出カツ丼以外にも親子丼や玉子丼、他人丼などが提供されています。

まとめ

ここまで、九州の絶品ご当地どんぶりをいくつか紹介してきましたが、いかがでしたか?
今回紹介した丼は、それを食べることだけを目的に各エリアに訪れも良いくらい、圧倒的な美味しさを誇っています。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました