【福岡の居酒屋スタッフブログ】全国の実力派ご当地ラーメン

ご当地ラーメンの中には、少し変わった素材を使用したり、見た目や名前にインパクトを持たせたりして、その地域を盛り上げようと工夫しているものが多くあります。
一方で、シンプルに美味しさを追求した、実力派のご当地ラーメンも、ここ最近は増えてきています。
今回は、そんな実力派ご当地ラーメンを3つほど紹介します。

佐伯ラーメン

佐伯ラーメンは、大分・佐伯市のご当地ラーメンです。
醤油豚骨系のスープに中太麺が絡むのが特徴で、店舗によっては、豚骨と魚介(大分特産のイリコダシ)のダブルスープが使用されることもあります。
その他にも、“しょっぱい”、“脂っこい”、“ニンニクパウダー”、“胡椒多め”、“麺ゆるめ”、“スープ少なめ”などの定義があり、トッピングとしては、チャーシュー、ゴマ、ネギ、モヤシなどが使用されます。
ちなみに、佐伯市は古くから漁業や造船業など、汗をかく職業が多い土地柄だったことから、塩分の強い佐伯ラーメンが生まれたといわれています。

東京ラーメン

東京ラーメンは、その名の通り東京のご当地ラーメンであり、ラーメンの原型ともいわれています。
多くの場合、和風だし、醤油ダレ、中細縮れ麺が使用され、スープの表面にはうっすらと脂が浮いています。
具材としては、チャーシューやメンマ、ネギやナルト、海苔などが使用され、その繊細な味は現在も各店舗で守り続けられています。
また、新規店でも、この東京ラーメンの味を追い求める店舗は少なくありません。
それだけ多くの方に愛され、醤油ラーメンの代表格として定着しているということです。

姫路ラーメン

姫路ラーメンは、兵庫・姫路市のご当地ラーメンです。
播磨地域の古くからの地場産業である醤油をベースに、鶏ガラ、豚骨、野菜で炊き上げたスープをベースとしたラーメンで、醬油ベースに生姜をトッピングするのが一般的です。
ただ、共通したレシピはなく、醤油の濃度には濃淡があります。
また、生姜以外のトッピングには、ネギ、モヤシ、チャーシュー、海苔などが使用されます。
同じ兵庫の西脇市を中心とする“播州ラーメン”との共通項も多く、現在は”姫路おでん“に次ぐ地域ブランド化のため、PR活動の幅が広げられています。

まとめ

ここまで、シンプルながら美味しい全国の実力派ご当地ラーメンを紹介しましたが、いかがでしたか?
見た目のインパクトなどは度外視し、単純に美味しさのみを追求したいという方は、前述のラーメンをぜひ一度食べてみてください。
福岡市南区でラーメン屋をお探しの方は、麺や貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました